5億円以上の身代金をランサムウェア攻撃を受けたパイプライン会社が支払ったことが判明

Redirecting to full article in 0 second(s)...

ランサムウェア攻撃を受けて操業を停止していたアメリカ最大の石油パイプライン企業・Colonial Pipelineが、身代金として500万ドル(約5億4800万円)以上を支払ったことがわかりました。