都心郊外でオフィス誘致活発 新型コロナ背景に

Redirecting to full article in 0 second(s)...

都心の郊外自治体でオフィス誘致の動きが広がっている。各自治体は専用の窓口を設けるなど、気軽に相談できる環境の整備を進めている。新型コロナウイルスの影響で新しい働き方に注目が集まる中、感染への不安が少ないことはもちろん、のびのびと仕事ができる環境をPRし、一帯を活性化させる狙いだ。広大な菜の花畑の奥に山々が広がる、小湊鉄道の養老渓谷駅から徒歩5分。千葉県市原市などは市観光協会などと連携し、3月に