五輪出場枠70%確定 予選開催、コロナ下で綱渡り続く

Redirecting to full article in 0 second(s)...

東京五輪・パラリンピックまで2カ月余りとなる中、出場選手・チームを決める選考が山場を迎えている。五輪では約1万1000選手の7割の出場枠が確定した一方、新型コロナウイルス禍による予選の中止や一部の国・地域が予選参加を断念するケースも相次ぐ。予選の終了期限となる6月末までにどこまで公平性を確保した形で進められるか、綱渡りの状態が続きそうだ。国際オリンピック委員会(IOC)は12日、五輪出場枠のう