乾燥・風、悪条件重なる 栃木山火事で避難勧告200世帯(写真=共同)

「乾燥して風が強い状態が続いている。この先1~2日では火の勢いは収まらない恐れ」。発生から5日たった栃木県足利市の山林火災。日本では山火事の7割程度が冬から春の1~5月に発生しています。

2021/02/25 5:22:00

「乾燥して風が強い状態が続いている。この先1~2日では火の勢いは収まらない恐れ」。発生から5日たった栃木県足利市の山林火災。日本では山火事の7割程度が冬から春の1~5月に発生しています。

栃木県足利市の両崖山(標高約250メートル)一帯の山林で起きた火災で、地元消防や陸上自衛隊が25日、消火活動を再開した。発生から5日目となるが、空気が乾燥し風も強い気象条件が重なり、なお鎮火の見通しが立っていない。避難勧告の対象世帯は200世帯を超えた。政府は25日、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し、自治体と連絡を取るなどして情報収集にあたっている。25日から市内の県立高3校が

政府は25日、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し、自治体と連絡を取るなどして情報収集にあたっている。25日から市内の県立高3校が休校となり、市立中と合わせて休校は4校になるなど影響が広がっている。消火活動はヘリコプターによる散水と地上での放水で、市によると、宮城、茨城、埼玉など他県にもヘリの派遣を要請している。足利市の和泉聡市長は24日の記者会見で「乾燥して風が強い状態が続いている。この先1~2日程度では火の勢いはおさまらない恐れが強い」と指摘。鎮火までには時間を要するとの見方を示した。

「あつまれ どうぶつの森」サウンドトラック3種を6月9日に発売 - ライブドアニュース 松山市での聖火リレーを中止すると発表 愛媛県知事 - ライブドアニュース 大阪府で新たに1130人が新型コロナに感染 過去最多を更新 - ライブドアニュース

火事は21日午後3時半ごろ、登山者からの119番で発覚した。24日夕には焼失面積が約76.5ヘクタールに拡大。足利市は25日朝に新たに30世帯に避難勧告を出し、対象世帯数は200世帯を超えた。24日午後7時時点で21世帯37人が市の施設に避難した。気象庁によると、日本海側から乾燥した空気が流れ込んだ影響で、栃木県内の全域で16日から24日まで9日間連続で乾燥注意報が出ていた。気象庁は25日も乾燥注意報を継続するとともに、県内では27日にかけて空気の乾燥が続くとしている。同庁は25日から、気象状況を解説して自治体を支援する「防災対応支援チーム」(JETT=ジェット)を派遣する。

栃木県足利市の山火事現場で放水するヘリコプター(25日午前9時21分)=共同林野庁によると、日本で起きる山火事の7割程度が冬から春の1~5月に発生している。冬は火種になる落ち葉が積もり、風が強く乾燥しやすい気候条件が重なるほか、春先になると行楽や山菜採りのために山に入る人が増えることが要因という。火災の現場一帯の山林はハイキングコースとして親しまれていた。和泉市長は「山頂より少し南寄りのハイカーの休憩場所が出火元と推測される」との認識を示す。最初に出火が確認された21日以降、落ち葉や下草が風に飛ばされるなどして延焼したとみられる。23日は乾燥注意報に加え、強風注意報が出たほど風が強く、火の粉が一気に飛散した可能性が高い。同日午後は消火活動の要となるヘリコプターも飛べなかった。発生した初期段階で消火できない場合、過去の山火事の例を踏まえると、2~3週間燃え続ける恐れもあるという。 headtopics.com

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

米陸軍少尉を警官が取り押さえ 停車させ銃を向けスプレーを使用 - BBCニュース

黒人の米陸軍少尉が車を停止させられ、不当に催涙スプレーを使われるなどしたとして、暴行や違法の拘束、違法の捜索、憲法上の権利の侵害で警官2人を提訴した。

本当にお年寄りの放火が絶えませんね。不注意で済むレベルでは無い。その後緑が戻るまでの時間、失われた自然、本当に取り返しがつかない損失です。 雨が降って欲しいのと、梅雨の時期や台風の時期、山の治水能力てどうなるんだろか心配ではある