九州 18日昼前まで大雨の恐れ 土砂災害厳重警戒(気象予報士 尾花 麻美)

2022/08/17 4:12:00

【九州 18日昼前まで大雨の恐れ 土砂災害厳重警戒】 九州は大気の状態が非常に不安定になっています。きょう17日午前には、活発な雨雲が..

【九州 18日昼前まで大雨の恐れ 土砂災害厳重警戒】 九州は大気の状態が非常に不安定になっています。きょう17日午前には、活発な雨雲が..

九州は大気の状態が非常に不安定になっています。きょう17日午前には、活発な雨雲が九州北部にかかっており、あす18日昼前まで局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨の恐れがあります。大雨による災害に厳重に警戒してください。

@tenkijpさんをフォロー ライン状の活発な雨雲かかる あす18日にかけて活発な前線が九州北部へ南下する見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州は大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。きょう17日午前には、対馬海峡から九州北部の周辺に活発なライン状の雨雲が発生し、激しい雨を降らせています。九州は、あす18日昼前まで局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨の恐れがあります。南西からの風が流れ込みやすい、九州の東シナ海側や九州山地沿いを中心に雨量が増える見込みです。予想雨量は、あす午前6時までの24時間に多い所で、長崎県150ミリ、佐賀県・福岡県・大分県120ミリです。雨雲が予想以上に発達し、同じ場所にかかり続けた場合は猛烈な雨が降り、さらに雨量が増える恐れもあります。 九州北部 土砂災害の危険度高まる これまでの大雨で地盤が緩んでいる所があります。図の土砂災害の危険度は、佐賀県や福岡県筑後地方、大分県西部などで赤色になっており、今後の雨でさらに危険度が増したり、危険な地域が広がる恐れがあります。17日午前9時現在、土砂災害警戒情報が、佐賀県嬉野市、福岡県大牟田市、みやま市、大分県日田市に発表されています。土砂災害に厳重に警戒してください。また、河川の増水や氾濫、低い土地の浸水に警戒が必要です。 危険な状況になる前に早めの避難を 土砂災害の直前には、前兆現象が起きることがあります。山鳴りや地響きなど異様な音がしたり、パラパラと小石が落ちてきたりします。また、斜面に亀裂が走ったり、突然水が噴き出したりすることもあります。普段と違う現象に気付いたら、すでに災害が迫っている恐れがあります。すぐに安全な場所に避難してください。 大雨の中、外はすでに危険な状況になっている場合もあります。避難が難しい場合には、建物の上の階やできるだけ斜面から離れた場所で身の安全を確保してください。.きょう16日、午前5時の気温は、金沢市30.中国地方、四国、近畿、北陸は、雨が降り、雷を伴って、傘をさしていても濡れてしまうくらい激しい雨が降る所もあるでしょう。 東海、関東は、雨が降ったり止んだりで、雷雨や激しい雨になることもありそうです。.きょう16日のお帰りの時間帯は、低気圧や前線が通過する北海道や、東北の日本海側を中心に、雨や雷雨となりそうです。局地的に激しく降るでしょう。しっかりとした大きめの傘をお持ちください。 北陸から九州にかけても、日本海側を中心に所々で雨が降りそうです。沖縄も所々でにわか雨や雷雨があるでしょう。日中は晴れていても、急に強い雨が降ったり、激しい雨が降ったりしますので、天気の急変に備えて、念のため雨具をお持ちになると安心です。.

続きを読む:
tenki.jp »
Loading news...
Failed to load news.

16日 九州~東北南部35℃前後 関東の内陸40℃くらいの酷暑 熱中症に警戒(気象予報士 白石 圭子)きょう16日、九州から東北南部を中心に猛烈な暑さになるでしょう。特に気温が上がるのは、関東の内陸で、40℃くらいになる所もある予想です。夜でも気温は下がりにくく、昼夜を問わず万全な熱中症対策が必要です。 今日は埼玉県でもかなり暑くなりそうですね。熱中症だけには十分注意したいものです。

きょう17日 お帰り時間の傘予報 九州~東北南部 雨や雷雨の所が多い 激しい雨も(気象予報士 日直主任)きょう17日夜は、九州から近畿、北陸は雨や雷雨の所が多く、傘をさしていても濡れてしまうくらい激しい雨が降る所があるでしょう。東海や関東、東北南部も、雨が降る時間があり、局地的に雷を伴って、激しく降りそうです。

16日 お帰り時間の傘予報 北海道や東北など日本海側を中心に雨 激しく降る所も(気象予報士 日直主任)きょう16日のお帰りの時間帯は、低気圧や前線が通過する北海道や東北を中心に雨が降るでしょう。激しく降る所もありそうです。北陸から九州にかけても、日本海側を中心に所々でにわか雨や雷雨がありそうです。お出かけの際に晴れていても傘をお持ちください。

北海道~九州の日本海側 18日にかけて大雨の恐れ 災害の危険高まる(気象予報士 白石 圭子)きょう16日は、北海道から北陸を中心に、あす17日からあさって18日は、北陸から九州の日本海側を中心に、発達した雨雲がかかり、大雨の恐れがあります。土砂災害に厳重に警戒してください。 リンク先クリックしても見れない( ; ; )

きょう16日の関東 危険な暑さ 40℃以上の酷暑日も 今夜も熱帯夜 熱中症に警戒(気象予報士 白石 圭子)【きょう16日の関東 危険な暑さ 40℃以上の酷暑日も 今夜も熱帯夜 熱中症に警戒】 関東地方は、きょう16日、最高気温は内陸で40℃以上になる所がある予想です。危険.. 東京は今年最後の猛暑日かもしれん 嘘乙です、40度は絶対にないです

大雨の北海道 引き続き土砂災害などに警戒 雨がやむのはいつ?(気象予報士 今井 希依)北海道では昨日(15日)から道南方面を中心に広い範囲で雨が強まり、記録的な雨となった所もありました。雨はいつまで続くのか、回復はいつになるのかなど、詳しく解説します。