九州〜北陸の日本海側で大雨 土砂災害に厳重警戒

2022/08/17 6:00:00

九州〜北陸の日本海側で大雨 土砂災害に厳重警戒

ニュース, テレビ朝日

九州〜北陸の日本海側で大雨 土砂災害に厳重警戒

17日は西日本や東日本の日本海側で激しい雨が降っています。夜にかけて猛烈な雨が降る恐れがあり、警戒が必要です。 北日本に記録的な大雨をもたらした前線が、17日は西日本や東日本まで南下しています。 このため、九州から北陸にかけては朝から日本海側を中心に激しい雨が降っています。 1時間に降った雨の量は最大で長崎県の美津島が57ミリ、石川県輪島市の三井が今年一番となる35.5ミリなどとなっていて、土砂災害の危険度が急激に高まっている所があります。 午後も大雨が続く予想で、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る恐れがあります。 18日朝にかけて降る雨の量は多い所で中国地方が180ミリ、九州北部が150ミリとみられています。

続きを読む:
テレ朝news »

自動運転バス発進スムーズ 上士幌 定期運行前に試乗会:北海道新聞 どうしん電子版

【上士幌】町内の公道で自動運転バスの定期運行が1日から始まるのを前に、町は30日、試乗会を開いた。特定の条件下でシステムが車を操作する「レベル4」相当の自動運転ができる新ルールを定めた改正道交法の来... 続きを読む >>

16日 九州~東北南部35℃前後 関東の内陸40℃くらいの酷暑 熱中症に警戒(気象予報士 白石 圭子)きょう16日、九州から東北南部を中心に猛烈な暑さになるでしょう。特に気温が上がるのは、関東の内陸で、40℃くらいになる所もある予想です。夜でも気温は下がりにくく、昼夜を問わず万全な熱中症対策が必要です。 今日は埼玉県でもかなり暑くなりそうですね。熱中症だけには十分注意したいものです。

きょう17日 お帰り時間の傘予報 九州~東北南部 雨や雷雨の所が多い 激しい雨も(気象予報士 日直主任)きょう17日夜は、九州から近畿、北陸は雨や雷雨の所が多く、傘をさしていても濡れてしまうくらい激しい雨が降る所があるでしょう。東海や関東、東北南部も、雨が降る時間があり、局地的に雷を伴って、激しく降りそうです。

九州 18日昼前まで大雨の恐れ 土砂災害厳重警戒(気象予報士 尾花 麻美)九州は大気の状態が非常に不安定になっています。きょう17日午前には、活発な雨雲が九州北部にかかっており、あす18日昼前まで局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨の恐れがあります。大雨による災害に厳重に警戒してください。

台風5号離れても西日本で強雨 太平洋側は明日まで大雨警戒【台風情報】7月30日(土)9時現在、台風5号(ソングダー)は東シナ海を西進しています。台風に向かって流れ込む湿った空気の影響で、西日本の太平洋側は明日31日(日)にかけて大雨となるおそれがあり、警戒が必要です。

台風5号は東シナ海へ 西日本太平洋側で明日にかけ大雨警戒【台風情報】 7月30日(土)6時現在、台風5号(ソングダー)は東シナ海を西進しています。 既に日本からは離れつつあるものの、湿った空気が送り込まれる西日本などで明日31日(日)にかけ大雨となるおそれがあり、警戒が必要です。 時速も乗せてほしいです。 停電したら、 ギガも、バッテリーも食いたくありませんので URLでサイトまで 飛びたくありません。 今後のために。宜しくお願い致します!

台風5号 九州・奄美に最接近 明日は西日本太平洋側も大雨に注意【台風情報】7月29日(金)18時現在、台風5号(ソングダー)は屋久島の南東海上を西北西に進んでいます。移動速度はかなり速く、九州の南から奄美付近に最接近し、今後は東シナ海を進む予報。湿った空気が送り込まれる西日本太平洋側などは大雨となる可能性があり、警戒が必要です。