アメリカ最大の石油パイプラインがランサムウェア攻撃で停止、バイデン政権は緊急事態を宣言

Redirecting to full article in 0 second(s)...

アメリカで最大の石油移送パイプラインを運営するColonial Pipelineが2021年5月9日に、ランサムウェア攻撃により操業を停止したと発表しました。1日1億ガロン(3億8000万リットル)の燃料を輸送し、東海岸で使われる燃料の45%をまかなっているという同社の操業停止が長期化した場合、アメリカの石油産業や市民の生活に大きな影響が出る可能性があると指摘されています。