中国GDP4%増、3四半期連続の減速 : 経済 : ニュース

2022/01/17 5:25:00

中国GDP4%増、3四半期連続の減速 #経済

北京, 中国

中国GDP4%増、3四半期連続の減速 経済

【北京= 小川直樹 】中国 国家統計局 が17日発表した2021年10~12月期の国内総生産(GDP)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比4・0%増だった。成長率は7~9月期(4・9%増)を下回り、3四半期連続で

続きを読む: 読売新聞オンライン »

アフガニスタンで流産や新生児の死亡が倍増 産院をBBCが取材 - BBCニュース

タリバンによる支配が始まって1年、アフガニスタンのバダフシャン州では、新生児の死亡や流産がほぼ倍増していると、地元の医師たちは話している。 続きを読む >>

秋田名産「いぶりがっこ」窮地に…改正法施行で農家4割「続けられぬ」 : 経済 : ニュース大根漬けをいぶした秋田名産「いぶりがっこ」が、ピンチに陥っている。きっかけは昨年6月に施行された、漬物販売に保健所の許可が必要になる改正食品衛生法。秋田では農作業小屋や台所で製造する農家が多く、許可を得るには作業場など 読売新聞は法令遵守ではないのか? 許可を得るには作業場などを改修 すればOK

伊賀鉄「まくら木オーナー制度」、今年度も募集…金や城プレートも登場 : 経済 : ニュース三重県の伊賀鉄道と伊賀市は、増収策の一つとして始めた「まくら木オーナー制度」を2022年度も実施する。駅構内の枕木に支援者の名前などが入ったプレートを設置する取り組みで、17日から募集を開始する。導入から3年目を迎え、

30年の歴史に幕「街の雰囲気どんどん暗く」…「イトーヨーカドー」閉店 : 経済 : ニュース茨城県日立市のJR日立駅前の「イトーヨーカドー日立店」が16日、閉店した。午後7時すぎ、浦川昌志店長が「長くご愛顧いただき、そして助けていただき、ありがとうございました」と感謝の言葉を述べると、シャッターが下ろされ、3 閉店するから暗くなるのでは無くすでに暗いから閉店するのです。 地方の人はそれが分かっていない😔 近年あっちこっちのヨーカドーが閉店してるな。 クレヨンしんちゃんのサトーココノカドーは多分まだある!はず………

7代目「フェアレディZ」公開…馬力や加速性能を向上、6月下旬から販売 : 経済 : ニュース日産自動車は、16日まで開かれたカスタムカーの展示会「東京オートサロン」(千葉市・幕張メッセ)で、2008年以来の全面改良となるスポーツカー「フェアレディZ」を公開した。 Zは1969年に発売され、今回が7代目となる。 新型フェアレディZ加速性能向上だけで詳細はなし?横のデザインは初代型フェアレディZに似ているよね。 型式Z34のままだけど7代目になるの?

外貨建て保険、金融庁「リスク開示を」…高齢者などトラブル相次ぐ : 経済 : ニュース金融庁は、商品の内容をよく理解しないまま高齢者などが契約し、トラブルになる事例が相次ぐ外貨建て保険について、販売する金融機関に顧客保護の取り組み強化を求める。販売時に、運用利回りだけでなく、手数料や解約に伴う費用を考慮

「大江戸温泉」全株式、米投資ファンドに売却…コロナ長期化で集客落ち込み : 経済 : ニュース米投資ファンドのベインキャピタルは、全国で約40のホテルや温泉施設を運営する「大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ」(東京)の全株式を米投資ファンドのローン・スターに売却すると発表した。金額は非公表。経営権の譲渡は2月末の このファンドはいわゆるハゲタカファンドと違ってどちらかというとホワイトな行動をしていた。大江戸を独り立ちできるように仕向けてた。もちろん最後は売って元を取るつもりだったんだろうけど。でもコロナの観光への毒牙に屈せざるを得なかったのかもしれない。

減速した。 21年通年は前年比8・1%増だった。コロナ禍で低迷した前年の反動で大きく伸びた。 .を改修しなければならないためだ。「漬物作りをやめる人が増えるのでは」と生産農家らに動揺が広がっている。 「いよいよ引退の潮時か」――。約20年前から農作業小屋でいぶりがっこを製造してきた横手市山内土渕の農業の女性(73)は、ため息をついた。 改正法では、漬物製造者は水道設備を手洗い用と製造用に分けたり、住居と作業場を切り離したりするなどして、保健所の営業許可を得なければならない。 女性の農作業小屋の改修見積もりは約100万円。「大金を掛けてまで続けられない」と嘆く。.従来の白いプレートに加え、金色と、伊賀上野城などをあしらったバージョンも新たに登場。同社は「グレードアップしたプランを用意したので、ぜひ応募を」と呼びかけている。(尾崎晃之) 同制度は経営が厳しい地方鉄道の維持、存続につなげようと20年度から行っている。オーナーになると、名前などを記したプレート(縦20センチ、横15センチ、合成樹脂製)が4月から翌年3月まで、枕木の仕様が異なる四十九駅とJR西日本が管理する伊賀上野駅を除いた伊賀線の駅に設置される。プレートには、名前とメッセージをそれぞれ10文字以内で印字できる。 1年目の20年度は94口の申し込みがあり、2年目は291口に増えた。 22年度は、市民や鉄道ファンらにこれまで以上に喜んでもらおうと、通常の白プレートのCコース(税込み5000円)のほか、新たに「ゴールドプレート」のAコース(同1万5000円)と、伊賀上野城などがデザインされた「キャッスルプレート」のBコース(同8000円)を追加した。A、Bコースは設置駅も希望できる。 募集締め切りは2月15日。1人何口でも応募可。申込書に必要事項を記入し、郵送か、メール(fukunin@igatetsu.0年の歴史に幕を閉じた。 同店は1991年10月、駅前の中核商業施設としてオープンしたが、郊外型大型商業施設の進出やネット通販の普及に伴う競争激化、コロナ禍による売り上げ減少などから閉店を決めた。 家族で最後の買い物に訪れた市内の主婦(60)は「なじみの店があったので寂しい。街の雰囲気がどんどん暗くなっていくのが心配」と閉店を惜しんでいた。 ◇ 閉店により懸念されているのが、駅前商店街のさらなる空洞化だ。後継店舗について、市は商業施設の誘致を基本に交渉を進める方針。テナントが埋まらなかった場合は、テレワークなどのビジネス機能や、高校生、高齢者らの交流スペースを兼ね備えた複合拠点施設も視野に整備を進める。 当面は、駅前地区の買い物環境を維持するため、隣接施設や商店街に週末、期間限定ショップをオープンさせる。生活雑貨店「無印良品」や市内の農水産物販売業者も出店予定で、ここでの売り上げ状況を見極めながら、各業者が後継テナントとして出店の可否を検討するとみられる。.