中国配膳ロボ、直販で海外開拓 コロナで無人化需要増

中国配膳ロボ、直販で海外開拓 コロナで無人化需要増

2021/05/06 20:40:00

中国配膳ロボ、直販で海外開拓 コロナで無人化需要増

中国新興の配送ロボット大手、上海擎朗智能科技(キーンオンロボティクス)が海外での直販に乗り出す。年内に日本や欧州など10カ国で現地法人を設立し、主に外食業界に売り込む。中国では新型コロナウイルス禍を受け、人同士の接触を回避する無人サービスが急拡大している。ロボット活用は人手不足の解消も見込めるが、海外の消費者に受け入れられるかどうかが普及の壁となる。中華料理チェーン「酔輝皇」の上海市内の店舗。

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

“作りたての牛丼をドローンで” 実証実験 | NHKニュース

【NHK】ドローンを使った新しい物流の仕組みを検討しようと、作りたての牛丼をドローンに載せて5キロ余り離れた建物まで運ぶ実証実験が…

知らぬ間に個人情報盗み出したり、写真撮られたりしないの?🤔 日本で作って!。数がでない?、確かにな~。 あんだけ安くなる要素がある生産地だから中国企業の製品が競合に対して安いのは当たり前 安全保障上、中国国内でしか使えない物です 中国のロボット?? 怖いわーなにされるか分からんやん こんなホテルは泊まらない‼️ 爆発か発火しないか心配です。 人口減少がまだ日本ほどじゃないのに自動化が進む中国、これは勝てんな