中国, Online Service Providers, Technology, Synd, Wsj-Pro-Wsj Japanese, Tencent Holdings, 0700.Hk, Hk:700, テンセントホールディングス, Lınk:En|Https://Www.Wsj.Com/Articles/Market-Beating-China-Fund-Manager-Favors-Scooters-And-Spicy-Sau

中国, Online Service Providers

中国特化ファンド「シンタイ」 好成績の理由は

中国特化ファンド「シンタイ」 好成績の理由は 経営陣と投資チームの大半が女性、年間約34%の運用収益率 #中国

2021/06/21 8:00:00

中国特化ファンド「シンタイ」 好成績の理由は 経営陣と投資チームの大半が女性、年間約34%の運用収益率 中国

香港と上海にオフィスを構えるシンタイ・キャピタル・マネジメント。その旗艦ファンドの5年間の運用収益率は年間約34%だ。

つまり、大口投資家が気付いておらず、豊かさを増す中国の中間層を顧客とする銘柄を見つけるということだ。リョン氏は「中国の国内ブランドが気に入っている」と話す。自宅で子どもたちと朝食をとるミシェル・ リョン氏(1月9日)Katherine Cheng for the Wall Street Journal例えば昨年は電動二輪メーカーのヤディア・グループ・ホールディングスへの投資でかなりの利益を上げた。鍋用の辛いタレを製造するイーハイ・インターナショナル・ホールディングも当たった。多くの不動産開発大手が上場させた不動産管理会社の将来性にもいち早く気が付いた。

卓球混合ダブルス、日本卓球界初の金メダル 伊藤美誠「すんごくうれしい」 - ライブドアニュース 水谷・伊藤組 日本卓球史上初の「金」 水谷&美誠 ご近所ペア歴史刻む - Yahoo!ニュース

ファンドが常に好成績でも、リョン氏に苦労がなかったわけではない。リョン氏は「この業界は男性ばかりが創業するように発展してきた」と話す。リョン氏と会ったり、電話で話したりした相手が、あなたは経営者ではないでしょうと見下すような態度を取ることは何度もあったという。学者を両親に持つリョン氏は香港育ちで、広東語と英語を日常的に使っていた。家では中国人の父親と欧州出身の母親がドイツ語で話をした。リョン氏はゴールドマン・サックス・グループに勤務した経験があり、ハーバードで経営学修士号(MBA)も取得した。キャリアの出発点は国連職員で、カンボジアや南アフリカのミッションに加わった。「非常に幅広い経験をしてきたおかげで、さまざまな意味で創業に伴う課題に立ち向かう準備ができた」とリョン氏は言う。

リョン氏によれば、シンタイの基本的な考え方はベンジャミン・グレアムなどの投資の権威や、自身の中国でのビジネス経験の影響を受けているという。リョン氏は2000年代初めにトム・グループ――大物実業家の李嘉誠氏率いるハチソン・ワンポアが支援するインターネットポータル会社――の最高執行責任者(COO)を務めた。その後、企業買収業界でも働いた。その結果、シンタイは上場企業投資に、未公開株に投資するときと同様の現場重視の手法を応用している。投資先候補を評価するため、経営陣に定期的に連絡を取ったり、取引業者や顧客を取材したりしている。 headtopics.com

続きを読む: ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 »

照ノ富士の横綱昇進正式決定 令和初 横綱誕生は4年半ぶり | NHKニュース

【NHK】日本相撲協会は21日、都内で臨時の理事会を開き、大相撲名古屋場所で好成績を挙げた大関・照ノ富士の横綱昇進を正式に決め、第…