中国政府は正体を偽装して違法な暗号資産マイニングを続ける業者の取り締まりを強化している

中国政府は正体を偽装して違法な暗号資産マイニングを続ける業者の取り締まりを強化している

2021/09/21 1:00:00

中国政府は正体を偽装して違法な暗号資産マイニングを続ける業者の取り締まりを強化している

中国政府が暗号資産マイニングの取り締まりを強化したことにより、一部のマイニング業者は国外への脱出や廃業に追い込まれていますが、中には当局の目をかいくぐって国内でのマイニングを続ける業者もいます。そこで、中国政府は自分たちの存在を偽装しながらマイニングを続ける業者への取り締まりを強化していると、海外メディアのBloombergが報じました。

これに対し、中国政府も違法なマイニング業者の取り締まりを強化しています。Bloombergは匿名の情報筋から、「中国のいくつかの州で大学・研究機関・データセンターでの違法なマイニングを対象とした検査が強化された」という情報を入手したと報じました。中国政府がマイニング業者を取り締まる表向きの理由には、マイニングが大量の電力を消費することから、政府が掲げる「2060年までにを達成する」という目標の障害となるというものがあります。しかし、より切実な理由として、中国政府は寒い冬の季節における電力供給への懸念があるとのこと。

【天空の城ラピュタ】パズーがシータを受けとめるあの名シーン再現「パズーのなんでもキャッチ」 - ライブドアニュース 今年は例年の10倍の飛散量?要注意な秋の「隠れ花粉症」対策法は? - ライブドアニュース 「おふろがわきました」サウンド搭載、給湯器リモコンがカプセルトイになりました - ライブドアニュース

また、中国政府は10月から、コンピューティング活動を定期的に監視・追跡する仕組みを開始すると発表しています。マイニングをしていることが見つかるとデータシステムの責任者は罰せられ、関連するインターネット接続も遮断されるとのことです。 続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

コロナ闘病中に帝王切開、そのまま集中治療室へ……英女性の体験談 - BBCニュース

イギリス在住のサルタナ・アシクさん(34)は、妊娠中の今年1月に新型コロナウイルスに感染した。重症化したサルタナさんは、昏睡状態に置かれて帝王切開で双子を出産。その後、集中治療室で46日間、治療を受けた。