宇宙

中国ロケットの再突入、NASAが「無責任」と非難 モルディブ近海落下

中国ロケットの再突入、NASAが「無責任」と非難 モルディブ近海に落下

2021/05/10 3:37:00
宇宙

中国ロケットの再突入、NASAが「無責任」と非難 モルディブ近海に落下

米航空宇宙局(NASA)は9日、制御不能になった中国ロケットの残骸がインド洋に落下した問題をめぐり、中国を非難する声明をウェブサイトに掲載した。

中国政府の有人宇宙飛行プロジェクト弁公室がSNS大手の微信(ウィーチャット)に掲載した情報によると、大型ロケット「長征5号B」は大気圏に突入して機体の大部分が燃え尽きたが、一部はインド洋の島国モルディブ西部に落下した。モルディブに残骸が漂着しているかどうかは不明。米宇宙軍は、長征5号Bがアラビア半島上空で大気圏に再突入したと発表していた。 続きを読む: cnn_co_jp »

“作りたての牛丼をドローンで” 実証実験 | NHKニュース

【NHK】ドローンを使った新しい物流の仕組みを検討しようと、作りたての牛丼をドローンに載せて5キロ余り離れた建物まで運ぶ実証実験が…

何より計算通り飛ばないんだから制御出来ないわな。 自国が出したゴミは自国で処理しましょう。 落下物が地表面にまで落ちてくるほどなら打ち上げ責任として対処必要でしょう。大型化すればどこの国でも同じ。現物確認とシュミレーションすれば何が地表面まで落ちたかわかるでしょうに。 何においても無責任なんですよ! 「無責任」と非難するならば、まず、残骸を回収して、証拠を示すべきです。