中国の強制収容所で激しい拷問や洗脳を経験したウイグル人の証言

中国の強制収容所で激しい拷問や洗脳を経験したウイグル人の証言

2020/10/26 17:00:00

中国の強制収容所で激しい拷問や洗脳を経験したウイグル人の証言

中国では、新疆ウイグル自治区に住むウイグル族など少数民族や、宗教的少数派を対象とした厳しい弾圧や監視が行われています。そんな中国の強制収容所を経験したウイグル人男性が、イギリス・ケンブリッジ大学最古の独立系学生新聞であるVarsityの取材に応え、 中国の強制収容所で経験したさまざまな拷問や洗脳について証言しました。

強制収容所に入れられる前に、ウイグル自治区・カラマイ市のヤーレンブラク地区警察署に連行されたBekali氏は、そこで4日間激しい拷問を受けました。拷問の内容は、爪と指の間に針を刺したり、性器に鉄の棒を挿入したりするといった陰惨なものでした。また、手足を「タイガーチェア」と呼ばれる鉄製の椅子に拘束されたり、足が床につかないよう手首だけで縛り上げられたりした後、ハンマーで手をたたき割られたこともあるとのこと。Bekali氏の手には、その時の傷跡がまだ残っています。この拷問は、Bakali氏にテロ容疑をかけた中国当局が「自白」を引き出すために行ったものでしたが、Bekali氏は「自白」しませんでした。その後Bekali氏は、「カラマイ刑務所」と呼ばれる強制収容所に移送され、そこで4月から11月まで7カ月間収容されました。この7カ月の間も、前述の鉄製の椅子に拘束するといった拷問は続きました。

「鬼滅の刃」ランドセルの予約受付を開始 炭治郎と禰豆子の2モデル - ライブドアニュース どうして? 空が「紫色」に! ネットざわつく意外な理由 - ライブドアニュース 「スープDELI」を買うともう1個もらえる!今すぐセブンへGO。 - Peachy - ライブドアニュース

11月4日に、やっと強制収容所を出ることが許されたBekali氏ですが、解放されたわけではなく、今度は中国当局が「再教育キャンプ」と呼んでいる収容所に入れられました。再教育キャンプは4メートルの高さの壁と電気柵で囲われており、昼夜を問わず警備員が巡回していたとのこと。 続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

日本経済新聞

日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

日本も例外に非ず。 最近BS放送を中心に急激に数を増やした中国ドラマ。とうとうNHK BSまでもが中国ドラマを放送し始めた。侵略や洗脳は静かにソフト面から始まっていく。