中国に返還決まっている神戸の「タンタン」、新たな貸与は仙台や茨城がライバル : 社会 : ニュース

中国に返還決まっている神戸の「タンタン」、新たな貸与は仙台や茨城がライバル #社会

神戸市, 灘区

2021/10/28 3:55:00

中国に返還決まっている神戸の「タンタン」、新たな貸与は仙台や茨城がライバル 社会

神戸市 は今年度、 市立王子動物園 (灘区)の再整備に向けた計画の策定を始めた。開園70年を迎えて施設の老朽化が進んでいるためで、「タンタン」(雌、26歳)が暮らす「パンダ館」の行方に注目が集まる。 2000年7月につがいの

2000年7月につがいの雄と来日したタンタンは、昨年7月に貸与期限を迎えた。コロナ禍で中国・成都への直行便が飛ばないため、今もパンダ館で暮らしているが、返還することは既に決まっている。市は新たなつがいを中国側に要望しているとして、パンダ館を残す方針を示している。ただ、仙台市や茨城県などライバルは多い中、同園は産後4日目の赤ちゃんが死ぬなど繁殖の失敗が続いており、「神戸は不利」との見方もある。タンタンが同園に来た00年度の入園者は前年度の98万人から198万人に倍増するなど集客に効果はあった一方、「レンタル料」として、現在も年25万ドルを中国側に支払っており、負担は軽くない。

続きを読む: 読売新聞オンライン »

観光船、再引き揚げ準備着手 無人潜水機で作業 知床の沈没事故:北海道新聞 どうしん電子版

【斜里】オホーツク管内斜里町の知床半島沖で小型観光船「KAZU I(カズワン)」(19トン)が沈没した事故で、専門業者の作業船は25日午前、同町沖をえい航中に落下したカズワン船体の引き揚げ準備に着手... 続きを読む >>

国内で新たに314人の感染確認…東京は29人、3日連続30人下回る : 社会 : ニュース国内の新型 コロナ ウイルスの感染者は26日、34都道府県と空港検疫で新たに314人が確認された。重症者は前日より5人少ない197人で、死者は15人だった。 東京都では、29人の感染が判明した。1週間前から7人減り、1日当 用力量告诉中共 民主应该是什么样子,一起加油💪💪 このまま減り続けるといいな

明大前駅で人身事故の京王線、運転を再開 : 社会 : ニュース26日午後2時58分頃、京王線の明大前駅で人身事故が発生した。 この影響で、同線は新宿―桜上水駅間の上下線で運転を見合わせていたが、午後4時頃に運転を再開した。

ワクチン2回接種終えた人、国民の7割超える…政府発表 : 社会 : ニュース政府は26日、新型 コロナ ウイルスワクチンの2回の接種を終えた人が、国民の70・1%に達したと発表した。 ガースー、河野太郎、医療従事者、自衛隊の方々ほか関係者の方々ありがとう。 日本でもコロナワクチンの中止を求める裁判が始まっています。詳報お願い致します。 推進一辺倒のワクチンの是非が問われてます。 まだワクチンのネガキャンしてる人は なにが陰謀なのか分かっていってるのか?脳ミソはすでにコロナによって破壊されているのか? ならば入院が必要だから まあ可哀想な人

明大前駅で人身事故、京王線の一部区間で運転見合わせ : 社会 : ニュース26日午後2時58分頃、京王線の明大前駅で人身事故が発生した。 この影響で、同線は新宿―桜上水駅駅間の上下線で運転を見合わせている。

中野駅でポイント故障、東京メトロ東西線が一時運転見合わせ : 社会 : ニュース26日午前11時58分頃、東京メトロ東西線の中野駅でポイント故障が発生した。 この影響で、同線は正午過ぎから中野―高田馬場駅間で運転を見合わせていたが、午後2時16分頃に運転を再開した。

「短時間でもすごく感動」早期復興願い、秋の夜空に3千発 : 社会 : ニュース昨夏の豪雨で甚大な被害が広がった熊本県人吉市中心部で24日、「人吉花火大会」が開催され、早期の復興を願う3000発の打ち上げ花火が夜空を彩った。 人吉市と人吉商工会議所が主催。昨年は新型 コロナ ウイルスの拡大や豪雨災害を

神戸市は今年度、市立王子動物園(灘区)の再整備に向けた計画の策定を始めた。開園70年を迎えて施設の老朽化が進んでいるためで、「タンタン」(雌、26歳)が暮らす「パンダ館」の行方に注目が集まる。 2000年7月につがいの雄と来日したタンタンは、昨年7月に貸与期限を迎えた。コロナ禍で中国・成都への直行便が飛ばないため、今もパンダ館で暮らしているが、返還することは既に決まっている。 市は新たなつがいを中国側に要望しているとして、パンダ館を残す方針を示している。ただ、仙台市や茨城県などライバルは多い中、同園は産後4日目の赤ちゃんが死ぬなど繁殖の失敗が続いており、「神戸は不利」との見方もある。 タンタンが同園に来た00年度の入園者は前年度の98万人から198万人に倍増するなど集客に効果はあった一方、「レンタル料」として、現在も年25万ドルを中国側に支払っており、負担は軽くない。 少子化の影響もあり、園の経営は赤字が続いている。近年は毎年3億円を公費で負担しており、人気者のパンダに頼らない動物園運営のあり方が問われている。