世界的な「コンテナ不足」が発生中、コンテナは一体どこに行ってしまったのか?

  • 📰 gigazine
  • ⏱ Reading Time:
  • 17 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 10%
  • Publisher: 51%

日本 見出し ニュース

日本 最新ニュース,日本 見出し

海上輸送に用いられるコンテナの不足が、深刻な事態に発展しつつあります。ビールやワインの輸送を専門とする国際的な物流会社であるHillebrandが、コンテナが消えてしまった原因について解説しました。

Hillebrandによると、コンテナ不足の発端は2020年に発生した新型コロナウイルス感染症対策のパンデミックだとのこと。本格化するCOVID-19の感染拡大への対策として、世界各国で都市封鎖が実施された結果、経済活動がストップし大量のコンテナが港に放置されることになりました。これに伴い、多くの海運会社が減便したため、今度は世界中の船が空のコンテナを回収することができないという事態に直面しました。

COVID-19のパンデミックは中国を震源地としていますが、パンデミックからいち早く立ち直ったのも中国でした。中国が世界に先駆けて輸出を再開したことで、アジアに残っていたコンテナが次から次へと北米やヨーロッパに運び込まれましたが、欧米の経済は停滞を続けているため、空コンテナが回収できない問題はますます深刻化していきました。 Hillebrandによると、北米の波止場では人員不足によるコンテナ処理の遅延が発生しており、陸揚げされたコンテナ100個のうち60個はそのまま北米に留め置かれているのが現状とのこと。一方、アジアから北米に運び込まれる海上輸送用コンテナの数は、2020年10月には前年同期比23.3%増で過去最多となる

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。
このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 80. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し