世界各国の企業を荒らし回ったハッカー集団「REvil」のウェブサイトが政府機関に乗っ取られてオフラインに

世界各国の企業を荒らし回ったハッカー集団「REvil」のウェブサイトが政府機関に乗っ取られてオフラインに

2021/10/22 5:54:00

世界各国の企業を荒らし回ったハッカー集団「REvil」のウェブサイトが政府機関に乗っ取られてオフラインに

テクノロジー企業やインフラへのランサムウェア攻撃で知られるロシアのサイバー犯罪組織「REvil」のウェブサイトが、アメリカや同盟国によるハッキング作戦によりオフラインになったことが報じられています。「REvil」は2021年7月に突如としてダークウェブから姿を消し、9月に復活したばかりでした。

ロシアのサイバーセキュリティ企業・Group-IBのフォレンジックラボで副責任者を務めるOleg Skulkin氏は、「REvilランサムウェアギャングは、侵害されていないことを前提として、バックアップからインフラストラクチャーを復元しました。皮肉なことに、被害者のバックアップを危険にさらすというギャング自身お気に入りの戦略が彼らに牙をむきました」と語っています。今回の作戦について詳しい人物は、REvilのコンピューターアーキテクチャに侵入してハッキングを実行したのは、アメリカの同盟国のパートナーだとのこと。別の人物は、REvilに関する作戦は依然として進行中であると述べています。

「あつまれ どうぶつの森」DLCで住民が裸になるバグ 海外で話題 - ライブドアニュース 歌舞伎町「トー横」で少女17人一斉補導 私服警官120人投入 - ライブドアニュース 内閣支持率62%に上昇 読売 - Yahoo!ニュース

FBIは今回の作戦についてのコメントを控え、ホワイトハウス国家保障会議の広報担当者も直接の言及は避けました。代わりに広報担当者は、「大まかに言えば、私たちは政府全体でランサムウェアについて取り組んでいます。これにはランサムウェアのインフラストラクチャーやアクターの破壊、民間セクターと協力した防御のアップグレード、ランサムウェアのアクターをかくまっている国に責任を取らせる国際的な連合の構築などが含まれます」とコメントしました。 続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

【動画】大掃除でのけがに注意! 掃除中の事故は12月が最多 | NHKニュース

【NHK】12月に入り年末の大掃除をしようという人も多いと思いますが、東京消防庁によると掃除中にけがをして搬送される人は12月が一…