世界初のブタの心臓移植受けた男性、過去に刺傷事件で有罪 - BBCニュース

BBCニュース - 世界初のブタの心臓移植受けた男性、過去に刺傷事件で有罪

2022/01/17 14:03:00

BBCニュース - 世界初のブタの心臓移植受けた男性、過去に刺傷事件で有罪

世界で初めて遺伝子を改変したブタの心臓移植手術を受けた男性が、1988年に男性を繰り返し刺した罪で有罪になっていたことが明らかになった。

「医療行為にそれ以外の基準をあてはめたりしたら、危険な前例となり、医師や医療・介護従事者が担当患者に抱く義務の根拠となる、倫理的・道義的な価値観に背くことになる」と、同医療センターは説明している。ダウニーさんによると、弟が攻撃されたのは1988年4月。ベネットさんの妻が、当時22歳だったシューメイカーさんの膝にのって座ったことがきっかけだった。ベネットさんは嫉妬心から激怒した様子で、シューメイカーさんの背中を刃物で繰り返し刺したという。ベネットさんは暴行と武器を隠し持っていた罪で有罪となり、実刑10年の判決を受けた。

「2番目の娘が『ママ、この人、エドおじさんを刺した男だよ』とインスタントメッセージを送ってきた。それでニュース記事を読んで、あの男が心臓移植を受けたのだと知って、頭にきてしまった」と、ダウニーさんは話した。画像提供,University of Maryland School of Medicine画像説明,ベネットさんは手術の6週間前に末期症状の心臓疾患と診断されて以来、生命維持装置につながれた状態で寝たきりだった。7時間の移植手術を経て、医師団はベネットさんの術後の容体を注視している。今月10日には自発呼吸ができるようになっていた。

続きを読む: BBC News Japan »

今、最高の男! カリム・ベンゼマ特集

00:00 オープニング01:56 キャリア振り返り05:54 プレースタイル16:51 フランス代表のベンゼマ22:15 CL決勝に向けて・出演倉敷保雄https://twitter.com/Craque_M78小澤一郎https://twitter.com/ichiroozawa--🙏チャンネル登録、動画の... 続きを読む >>

犯罪歴あるのはわかった …で、医療技術になんの関係が? フランケンシュタイン! 豚心臓の移植という実験のために、犯罪歴のある患者を選んだということは無いのだろうか。 RT : BBCニュース - 世界初のブタの心臓移植受けた男性、過去に刺傷事件で有罪

英官邸、ロックダウン中パーティーについて女王に謝罪 フィリップ殿下葬儀の前夜に開催 - BBCニュース英首相官邸は14日、昨年4月のロックダウン中、エリザベス英女王の夫フィリップ殿下の葬儀前夜にも官邸で職員が集まるパーティーが2つ行われていたことについて、王室に謝罪した。 正直、イギリスの馬鹿なおぼっちゃま典型だよな。 この首相って王室の親戚筋の生まれって言ってなかったかな?

アンドリュー英王子の肩書や役職返上、どんな意味があるのか - BBCニュースイギリスのヨーク公アンドリュー王子(61)が、軍の役職と慈善団体の後援者の役職を女王に返上した。BBCのダン・ジョンソン編集委員が、王族やアンドリュー王子にとってこれらの役職や軍とのつながりがどんな意味を持っているのかを解説する。

ジョコヴィッチ選手の身柄拘束、ビザまた取り消しで 豪政府 - BBCニュースオーストラリア政府は15日朝、テニスの全豪オープン出場のため現地入りしている男子テニスのノヴァク・ジョコヴィッチ選手(34)の身柄を拘束した。 こいつは人の国の法律一つ守れねーのかよw そこで開き直って金で雇ったエージェントととやらに文句言わせてるとしたら、唯のゴミだろそんな奴w

ジョコヴィッチ選手、国外退去へ ビザ取り消し不服申し立てを豪裁判所認めず - BBCニューステニスのジョコヴィッチ選手は新型コロナウイルスのワクチン未接種で全豪オープン出場を希望していたが、豪政府による査証(ビザ)取り消しに対する選手側の不服申し立てについて、豪連邦地裁は16日、訴えを認めない判断を下した。 3年入国禁止になるのか? In Australia,do as the Australians do!

トンガで大規模な海底噴火、周辺国が津波警戒 日本やアメリカでも潮位上昇 - BBCニュース南太平洋の島国トンガ諸島で15日午後5時10分(日本時間午後1時10分)ごろ、海底火山が噴火した。日本とアメリカはそれぞれ、津波が発生する恐れがあるとして、太平洋沿岸地域の住民に海岸から離れるよう呼びかけている。 イギリスの報道自由度も、あまり高くないんだよな。30位代だったかな。 事実は小説よりも奇なり…です。

トンガで巨大な海底噴火 その瞬間の衛星映像 - BBCニュース南太平洋のトンガ諸島で日本時間15日午後1時10分ごろ、海底火山の大規模な噴火が起きた。 非常に解りやすいb やはり破裂系だったのね🐣 20220116返信 トンガ海底火山噴火のBBCの衛生写真て、日本の気象衛星の映像を日本自民党政府は提供したのかな 衛生にて分かるほどの!噴火爆発🔥 相当の凄い自然エネルギーで!津波も来るぐらいだから!おさまって良かったかもしれませんが?近くのお国の方々は?どうだったのかしらね💦ご無事でありますよう御祈り申し上げます!

、患者に犯罪歴があったとしても、治療を拒否する理由には決してならないとコメント。「すべての病院や医療機関には、自分たちのもとを訪れるすべての患者に対し、医療上の必要性に応じて、救命措置を提供する、厳粛な義務がある」と述べた。 「医療行為にそれ以外の基準をあてはめたりしたら、危険な前例となり、医師や医療・介護従事者が担当患者に抱く義務の根拠となる、倫理的・道義的な価値観に背くことになる」と、同医療センターは説明している。 ダウニーさんによると、弟が攻撃されたのは1988年4月。ベネットさんの妻が、当時22歳だったシューメイカーさんの膝にのって座ったことがきっかけだった。ベネットさんは嫉妬心から激怒した様子で、シューメイカーさんの背中を刃物で繰り返し刺したという。 ベネットさんは暴行と武器を隠し持っていた罪で有罪となり、実刑10年の判決を受けた。 「2番目の娘が『ママ、この人、エドおじさんを刺した男だよ』とインスタントメッセージを送ってきた。それでニュース記事を読んで、あの男が心臓移植を受けたのだと知って、頭にきてしまった」と、ダウニーさんは話した。 画像提供, University of Maryland School of Medicine 画像説明, ベネットさんは手術の6週間前に末期症状の心臓疾患と診断されて以来、生命維持装置につながれた状態で寝たきりだった。7時間の移植手術を経て、医師団はベネットさんの術後の容体を注視している。今月10日には自発呼吸ができるようになっていた。 移植手術はベネットさんの命を救うための最後の手段だったという。ただし、今後の見通しは不透明。 「ベネットを記事で取り上げて、まるで英雄でパイオニアみたいに描いているけれど、彼はそんな人間じゃない」、「称賛されるべきは執刀した医師たちで、ベネットではない」 世界中で医師は、患者の経歴や犯罪歴にかかわらず、治療を必要とする患者を平等に治療すると誓いをたてる。 アメリカで移植待機者リストを運営する米臓器調達移植ネットワーク(OPTN)は、「犯罪で有罪となった者を、臓器移植を含む医療提供から完全排除するような懲罰的な態度は、倫理的に不当」だとしている。 (英語記事