世界の雑記帳, 中国

世界の雑記帳, 中国

世界の雑記帳:黒人暴行死巡る米デモ、中国メディアが積極報道 SNSでも話題 - 毎日新聞

アメリカで起きた黒人男性拘束死事件が、中国でも大きな関心を集めています。メディアも大きく取り上げています。

2020/06/03 9:10:00

アメリカで起きた黒人男性拘束死事件が、中国でも大きな関心を集めています。メディアも大きく取り上げています。

[北京 1日 ロイター] - 黒人男性の暴行死事件を巡って全米で激化している抗議デモは、中国でも大きな関心を集めており、国営メディアが詳細に報道しているほか、ソーシャルメディアでも関連ニュースの閲覧が増加している。

中国国営CCTVは1日昼の番組で、きょうだいのフィロニース・フロイドさんが米ニュース専門放送局MSNBCのインタビューに答える様子を一部放映。フィロニース・フロイドさんが、トランプ米大統領との電話で発言する機会を与えられなかったと話す場面などを流した。中国最大級のSNSであるウェイボー(微博)では1日昼までに、デモに関する少なくとも5件のニュースが、トレンディングトピックのトップ20に入った。デモ隊がホワイトハウスを取り囲む中、トランプ大統領が地下壕に一時避難したというニュースが閲覧数上位となった。

熊本 小国町付近 大分 日田市付近などで猛烈雨 災害の危険迫る | NHKニュース 筑後川 大分 日田で氾濫が発生 厳重な警戒呼びかけ | NHKニュース 新型コロナ患者対応の医療従事者 3割近くがうつ状態 | NHKニュース 続きを読む: 毎日新聞 »

クルド人の件は? 少なくとも抗議活動が暴動に発展してる様をきちんと報じてるんだから、31年前に政府が戦車で市民を轢殺した事件をなかった事にするのと比べるとだいぶマシでしょw 何処の新聞社だよ。機関紙か。

「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ[写真特集1/7] - 毎日新聞全国の花火師たちが一斉に打ち上げた花火。密集を防ぐため、あえて日時や場所を明かさない「サプライズ花火」が各地の夜空を彩りました。写真特集でどうぞ。 色んな情報が飛び交ってますが、コロナは存在したんですかね?教えてくれませんか? m74G_onlyLOVE そう、うちもすぐ近くであがって、はっぴーになりました。花火師さんありがとう! ブルーインパルスとどちらが費用掛かっているんだろう…そう感じてしまうのは、私だけ?

北九州でクラスメート5人が感染しても「クラスターと判断せず」 菅長官会見詳報 - 毎日新聞新型コロナウイルス感染症を巡って、1日の菅義偉官房長官の記者会見で質疑があった。感染者が増えている北九州市で同じ小学校の児童5人の感染が確認されたことについて、菅氏は「現時点でクラスター(感染者集団)と判断しているわけではない。感染経路や感染源、学校内で感染が拡大したかどうかを含め、現在、調査・分 楽な仕事やな コンペで負けても「負けたと判断していない」って言いたいわ 官房長官もいよいよ 「現時点でクラスター(感染者集団)と判断しているわけではない」 ↑ これはどなたの判断ですか?

セは7月2日までナゴヤ以東で パは同一カード6連戦 プロ野球日程発表 - 毎日新聞プロ野球のセ、パ両リーグは1日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で当初より約3カ月遅れて19日に開幕する公式戦の一部日程を発表した。今後の感染状況をみながら段階的に対応するため、セは7月23日、パは同19日までを公表した。開幕カードはセが巨人―阪神(東京)、ヤクルト―中日(神宮)、DeNA―広島( 妥当だな NHKは「12球団「」と言うとるよ 〇・パの順序はやめてくれ

「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ[写真特集7/7] - 毎日新聞「全国一斉悪疫退散祈願 Cheer Up! 花火プロジェクト」で打ち上げられた北日本花火興業のアマビエの顔を模した花火=秋田県大仙市で2020年6月1日午後8時、和田大典撮影 ステキです👏🎵

「感染対策にやり過ぎはない」「職員のストレス心配」コロナ警戒続く高齢者施設 - 毎日新聞新型コロナウイルスの緊急事態宣言は解除されたものの、クラスター(感染者集団)の発生が相次いだ老人ホームなどの高齢者施設では今も警戒を緩められない状況が続く。「感染弱者」とされる高齢者を守るため、消毒などの感染防止対策の徹底や家族の面会制限などを講じており、現場からは職員の負担増を心配する声も上がっ 高齢者施設に入ったら家族と会えなくなるって、QoLからしてどうなんだろ 家族と会えずに生きていく意味ってなんだろね

「断固とした反撃に遭う」 中国、トランプ氏の香港優遇見直しを批判 自制も呼びかけ - 毎日新聞対中批判を強めるトランプ米大統領が5月29日の記者会見で香港への優遇措置の見直しを表明したことに対し、中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)副報道局長は1日の定例記者会見で「香港は『中国の香港』であり、純粋に中国の内政に属する。いかなる国も干渉する権利はない」と反発した。趙氏は「中国側の断固とした