厚生労働省, 不妊治療

不妊治療、22年度に保険適用拡大 助成2回目以降倍に

不妊治療、22年度に保険適用拡大 助成2回目以降倍に

2020/11/26 15:39:00

不妊治療 、22年度に 保険適用 拡大 助成2回目以降倍に

厚生労働省 は2022年度に 不妊治療 保険適用 を拡大する方針だ。現在は保険外となっている体外受精や顕微授精の 保険適用 を検討する。 保険適用 までの間は、現行の助成制度を拡充し、2回目以降の治療への助成額を

今の不妊治療は原因がわかっている場合には保険が適用されている。一方、原因が不明の場合に採用される体外受精や、精子を卵子に直接注入する顕微授精は保険適用外だ。高額なうえ全額自己負担… 続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

ワクチン集団接種想定 初の訓練|NHK 首都圏のニュース

政府が、できる限り、来月下旬から新型コロナウイルスのワクチンの接種を始めたいとしている中、27日、川崎市が厚生労働省と協力して全国初となる…