上場企業の非正規21万人減 20年度、キャリア支援重要に

上場企業の20年度、非正規21万人減 キャリア支援重要に

2021/09/25 20:05:00

上場企業の20年度、非正規21万人減 キャリア支援重要に

上場企業が2020年度にアルバイトや契約社員などの非正規従業員を合計で約21万人減らしていたことが分かった。新型コロナウイルス禍による休業や工場の稼働率の低下などで働く場が減少した。正社員が1万人強の減少にとどまったのとは対照的な結果だ。立場の弱い働き手に学び直しの機会を提供するなど、キャリア形成を後押しする対策が求められる。上場企業の多くが有価証券報告書で「平均臨時従業員数」などとして公表し

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

ショート動画 1票の価値 識者の意見|NHK

衆議院選挙 1票の価値について様々な意見があります。識者の見方をお伝えします。| NHK

巨額の内部留保を溜め込む理由が「万一の際に備える」だけど、万一で実際こういうことをやった以上は企業には吐き出してもらう必要があるね。アメリカで課される留保金課税のような形で回収してコロナの失業給付と景気低迷の元凶になってる社会保険料を当面免除する財源にして欲しい。 減った分、無職が増えてるね。 バイト形態の労働者ってコロナ下では弱いよね 日当制だと有給制ある正社員と違って 熱発でモロに収入に影響が出る わかってるかケケ中? 副業ビジネス人が辞めていきたくなる原因になったり、人を使わないで作業する原因になったりしたとしたら、今後それが当たり前の社会だとしたらどうなっていくのだろう? 最近は、日本人総株主の時代という言葉を(YouTubeの株かなんかのCM)聞いた事があったけど日本人総経営者の時代とかよぎった。

仕方ないでしょ。真っ先に雇用調整する為の非正規雇用なんだから当然だよ。そもそも、新卒一斉採用文化の日本において、そこから漏れて非正規雇用になった事に自己責任があるだけでしょ。一生懸命に努力して新卒採用された者の当然の扱いだよ。 政府の責任は重い。 パナ1000人やサントリー45歳。 世界各国は刻々と変化している 非正規→正規は当たり前。次は正規給与横ばい→むこう3-5年で欧米並みの上昇率へ。 大企業から安い給与体型を変えなければ人財が海外に流出し、国内の厚い消費中間層が育たない。当たり前のサイクル。 国から指摘がないと変わらない経団連も実に情けない。だから汚い中韓に負けるんだ。 こうみるとアベノミクス以降は非正規より正規の伸び率のほうが高かったのですね。 正規・非正規問わず、これからの時代に向けたリスキリング、働き方改革が必要です。

そもそも非正規とはそういうもの

これだけ減ってるのなら失業率はものすごい数値になってそうなんだけど、どうなんでしょう。