三原舞依、四大陸フィギュアV…女子は6大会連続で日本勢制す : ウインタースポーツ : スポーツ : ニュース

三原舞依、四大陸フィギュアV…女子は6大会連続で日本勢制す #スポーツ

エストニア, タリン

2022/01/22 17:45:00

三原舞依 、四大陸フィギュアV…女子は6大会連続で日本勢制す スポーツ

フィギュアスケートの四大陸選手権は22日、 エストニア タリン で女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の 三原舞依 シスメックス )が145・41点で1位となり、合計218・03点で2017年大会以来、2度目の優

続きを読む: 読売新聞オンライン »

子宮頸がん・HPVワクチンとは|原因や症状をイチから解説

子宮頸がんとは、日本で毎年1万人以上がかかり、3000人が亡くなっている病で、HPVワクチンは、その子宮頸がんの原因となるウイルス感染を防ぐワクチンです。 いま子宮頸がんは、「予防できるがん」と言われ、国や自治体は2022年4月から、HPVワクチンの積極的な接種の呼びかけを再開しています。 女性だけでなく、実は男性にも関わる「子宮頸がんとHPVワクチン」についてイチから解説します。 (社会番組部ディレクター 藤松翔太郎) (2022年4月15日放送のニュースウオッチ9をもとに作成しています) 続きを読む >>

三原舞依、合計218・03点で5年ぶり優勝 日本女子6大会連続金メダル 四大陸選手権女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の 三原舞依 シスメックス )が、145・41点、合計218・03点のいずれも自己ベストで、2017年大会以来、2度目の優勝を果たした。コロナ禍の影響で

松生理乃、フリー142・05点の自己ベスト「安心とうれしさで、涙が出ちゃいました」女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)8位の 松生理乃 中京大中京高 )は、142・05点、合計202・21点でいずれも自己ベストを更新した。

神戸が新リーグ待望の初勝利 4トライで逃げ切り、初の開幕3連敗免れる…リーグワン神戸(旧神戸製鋼)が、東京ベイ(旧クボタ)に27―22で勝利した。1月8日にスタートした新リーグ「リーグワン」で開幕から2連敗していたが、3試合目で待望の初白星を挙げた。

ダニエル太郎世界10位に3回戦で敗れる「自分は芸術家だと…」予選から勝ち上がったダニエル太郎(エイブル)の快進撃が止まった。4大大会で初めて臨んだ3回戦で、第11シードで世界ランキング10位ヤニク・シナー(イタリア)に敗れた。

実業団ハーフマラソンに学生ランナーが特例参加へ コロナ禍で大会がなくなった選手に実戦の好機全日本実業団ハーフマラソン(2月13日、山口市)を主催する日本実業団陸上競技連合は、コロナ禍で今年の大会が中止になった香川丸亀国際ハーフマラソン(2月6日、香川・丸亀市)に出場予定だった学生選手を特

御嶽海が2敗守り単独トップに 照ノ富士は阿炎に金星配給 3敗で照ノ富士、阿炎、琴ノ若御嶽海が2敗守り単独トップに 照ノ富士は阿炎に金星配給 3敗で照ノ富士、阿炎、琴ノ若 スポーツ sports ニュース

勝を果たした。三原はSP、フリー、合計のいずれも自己ベストを更新。女子は6大会連続で日本勢が制した。 SP8位の松生理乃(愛知・中京大中京高)は合計202・21点で5位。SP12位の横井ゆは菜(中京大)は合計185・34点で7位だった。