バイデン政権100日 戻る「普通の政治」 分断解消兆し見えず | 毎日新聞

Redirecting to full article in 0 second(s)...

29日でバイデン米大統領が就任して100日。トランプ前大統領の「予測困難な政治」と対照的な「普通の政治」がワシントンに戻りつつある。新型コロナウイルスへの対応や経済対策では順調に滑り出したが、米国の政治や社会の「分断」は解消の兆しが見えず、政権運営は容易ではない。100日間を振り返り、今後の展望を