日経平均反落、一時500円超下げ 緊急事態宣言を警戒

Redirecting to full article in 0 second(s)...

20日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日に比べ520円ほど安い2万9100円台半ばで推移している。前日の米株式相場の下落を受け、東京市場でも売りが先行した。国内で新型コロナウイルスが感染拡大し、緊急事態宣言の発令要請など経済活動の制限を強める動きが出ているのも投資家心理を悪化させている。19日の米株式市場では主要3指数が下落。半導体関連銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体