イラン、原子力施設に被害 「サイバーテロ」と批判(写真=AP)

Redirecting to full article in 0 second(s)...

【ドバイ=岐部秀光】イラン原子力庁のサレヒ長官は11日、中部ナタンズの原子力施設へのサイバー攻撃があり配電網への被害があったと発表した。サレヒ氏は「テロ行為」と批判し、国際原子力機関(IAEA)など国際社会に対応を求めた。ナタンズの施設でイランは10日に改良型遠心分離機「IR6」を稼働させたばかりだった。ナタンズでは2020年夏にも不可解な爆発があり、イラン当局者は「破壊活動」によるものとの見