中国が世界各国の経済やインフラに侵入しセキュリティ上の脅威が迫っていると警告

Redirecting to full article in 0 second(s)...

アメリカは2018年頃から中国製の電子機器やソフトウェア、果ては中国企業そのものまでを、安全上の懸念があるとして国内から排除する対中強攻策を執り行ってきました。しかし中国が国の経済やインフラストラクチャーに侵入しようとしているのはアメリカだけに限った話ではなく、アメリカのような策を取っていない国に脅威が迫っている可能性があると、イギリス・ロンドンに設立された民間の国際戦略研究機関である国際戦略研究所(IISS)が報告しています。