韓国で「対話AI」暴走 機械学習が陥ったワナ

Redirecting to full article in 0 second(s)...

韓国のスタートアップが世に送り出した対話型AI(人工知能)がサービス開始早々、人種や性的少数者に関する差別発言を連発。中止に追い込まれた。ユーザーから浴びせられた膨大な不適切発言にそそのかされ、かれんな女性は「偏見のかたまり」にゆがんでしまった。問題となったサービスは韓国のスキャッター・ラボが昨年12月23日に開始した「イ・ルダ」だ。「寂しさを和らげる友達」を目標に開発したチャットボット(自動応答システム)で、設定は20歳の女子大生だ。友達や恋人のように語りかけると、自然な話し言葉で返答する。若者を中心に大きな関心を呼び、開始から2週間で75万人が利用した。【関連記事】・・ところが年明けになって、ルダが同性愛や人種、障害者について差別的な発言を連発していることがネットで発覚。大騒ぎになった。同社が運営するルダのフェイスブックにはユーザーとルダとのおかしなやりとり