「猫にマタタビ」の謎 研究のため朝夕掃除でご機嫌取り 教授の腕でも実験 - 毎日新聞

Redirecting to full article in 0 second(s)...

岩手大農学部の宮崎雅雄教授(46)らの研究グループが、マタタビを嗅いだ猫がゴロゴロと転がるのは、蚊を遠ざけるための行動であると突き止めた。論文は米科学誌「サイエンスアドバンシズ」に掲載された。19日に同大で記者会見した宮崎教授は、8年におよぶ研究を振り返り、「猫の行動に隠された意義があったのが非常