「首里城や沖縄に恩返しを」再建に向け、広がる思い、善意の寄付 - 毎日新聞

Redirecting to full article in 0 second(s)...

闇夜を真っ赤に染めた猛火から31日で1年がたつ。2019年10月の火災で正殿など主要な建物が焼け落ちた那覇市の首里城。琉球王国の歴史を伝えてきた「沖縄のシンボル」の喪失に、沖縄県と那覇市には再建を求めて国内外から49億円の寄付が集まった。正殿再建予定は26年。沖縄の人々は赤い城が再びよみがえる日を