「必要なのは国会改革ではない」 モラル崩壊、前衆院事務総長が語る意外な「処方箋」 - 毎日新聞

Redirecting to full article in 5 second(s)...

国会議員の間で、審議とは関係のない娯楽小説を読んだり、スマートフォンで趣味のウェブサイトを見たりするなどのモラル違反が横行している。2019年まで衆議院事務局トップの事務総長を務めた向大野新治・学習院大特別客員教授(政治学)が取材に応じ、「誰が見ても問題だ」としつつも、質疑に関係のない議員の審議出