ロシア、北極圏で大規模演習 プーチン氏「史上初」 極地開発の主導権狙う

  • 📰 Sankei_news
  • ⏱ Reading Time:
  • 1 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 4%
  • Publisher: 53%

日本 見出し ニュース

日本 最新ニュース,日本 見出し

ロシア、北極圏で大規模演習 極地開発の主導権狙う ロシア史上初の北極圏での戦闘機への空中給油や原子力潜水艦の同時浮上、氷面下からの魚雷発射などを訓練したとしている。 プーチン氏は探検の規模について「ソ連時代を含め、過去に例がない」と満足感を表明した。

【モスクワ=小野田雄一】ロシア海軍は26日、北極圏で行っている軍事演習を含む「北極探検」の成果をプーチン大統領に報告した。ロシア史上初の北極圏での戦闘機への空中給油や原子力潜水艦の同時浮上、氷面下からの魚雷発射などを訓練したとしている。プーチン氏は探検の規模について「ソ連時代を含め、過去に例がない」と満足感を表明し、北極圏の研究を継続するよう指示した。イタル・タス通信が伝えた。露海軍のエブメノフ総司令官がビデオ形式でプーチン氏に報告した。エブメノフ氏は北極圏で2機のミグ31戦闘機が空中給油を受けたほか、3隻の原潜が半径300メートルの範囲内で氷面下から同時浮上し、ともに露海軍史上初めての試みだと説明。氷面下からの魚雷発射訓練も実施したとした。報告を受け、プーチン氏は「過酷な極地での露海軍の兵器の能力と信頼性が確認された」と評価。「ロシアの軍事的安全を保障するため、北極の探検と研究を続けよう」と述べた。

【モスクワ=小野田雄一】ロシア海軍は26日、北極圏で行っている軍事演習を含む「北極探検」の成果をプーチン大統領に報告した。ロシア史上初の北極圏での戦闘機への空中給油や原子力潜水艦の同時浮上、氷面下からの魚雷発射などを訓練したとしている。プーチン氏は探検の規模について「ソ連時代を含め、過去に例がない」と満足感を表明し、北極圏の研究を継続するよう指示した。イタル・タス通信が伝えた。露海軍のエブメノフ総司令官がビデオ形式でプーチン氏に報告した。エブメノフ氏は北極圏で2機のミグ31戦闘機が空中給油を受けたほか、3隻の原潜が半径300メートルの範囲内で氷面下から同時浮上し、ともに露海軍史上初めての試みだと説明。氷面下からの魚雷発射訓練も実施したとした。報告を受け、プーチン氏は「過酷な極地での露海軍の兵器の能力と信頼性が確認された」と評価。「ロシアの軍事的安全を保障するため、北極の探検と研究を続けよう」と述べた。

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。

トランプがいなくなった途端に世界中で物騒になったね。ほんと悪者しか世界にはいないな。

いつ見ても、この目は怖い。 はたして、赤い血は流れているの⁉️👁️👁️

以前より尖閣、台湾 ミャンマー、アルメニア もはや陽動と 警鐘を鳴らしているが 着々と ウラジミール・プーチン大統領は 中国と共に支配圏を広げているな Virusにより疲弊した世界に 中露北韓一帯一路連合は 止められないが、世界連携で 抑え込み管理する事は出来る 様々な理由をこじ付けて制裁だ

ソ連時代には、北極海は厚い氷があったけど、今はプーチンの頭と同じに成ってるからかな。

そんな時代が来たんやなぁ

問題は資金

このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 68. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し

Similar News:他のニュース ソースから収集した、これに似たニュース記事を読むこともできます。