ロシア軍 ルハンシク州完全掌握目指し攻勢 東部で攻防続く | NHK

2022/06/25 14:49:00

ロシア軍 ルハンシク州完全掌握目指し攻勢 東部で攻防続く #nhk_news

ウクライナ情勢, ウクライナ情勢 影響

ロシア軍 ルハンシク州完全掌握目指し攻勢 東部で攻防続く nhk_news

【NHK】ロシア軍はウクライナ東部ルハンシク州の完全掌握を目指し、攻勢を強めています。一方、ウクライナ側は州内の拠点としてきたセベ…

続きを読むこのうち、セベロドネツクからウクライナ側の部隊が撤退すると述べた地元知事は「ロシア軍はセベロドネツクの工業地帯を攻撃した」とSNSに投稿し、24日も攻撃が続いたことを明らかにしました。アメリカのシンクタンク「戦争研究所」は24日、ウクライナ側の部隊は数日以内にセベロドネツクから撤退するという見方を示しています。そのうえで、「ロシア軍がセベロドネツクの掌握を試みてから3か月以上がたち、兵力と装備が疲弊している。ウクライナ軍はセベロドネツクが陥落したあともリシチャンシク周辺の防衛を維持し、ロシア軍を疲弊させ続けるだろう」と分析し、今後はリシチャンシクがウクライナ側の抗戦の中心になると指摘しました。

現在、ロシア軍はリシチャンシクの南方から部隊を進軍させ、ロシア国防省は24日、周辺の集落を相次いで掌握し、リシチャンシクを南側から封鎖していると主張しました。イギリス国防省は25日に発表した分析で、ウクライナ側がセベロドネツクからリシチャンシクにかけて防衛線を再構築する可能性があるとして、引き続き攻防が続くという見通しを示しました。一方、イギリス国防省は侵攻を続けるロシア軍の内情について、「6月以降、ウクライナの戦争における主要な作戦指揮官から数名の将軍が排除された可能性が高い」と指摘し、具体的には軍事侵攻の総司令官を務めていたとされる南部軍管区のトップ、ドボルニコフ氏や、空てい部隊の司令官が更迭されたという見方を示しました。

続きを読む:
NHKニュース »

\u300e\u6771\u65b9\u30c0\u30f3\u30de\u30af\u30ab\u30b0\u30e9 \u30d5\u30a1\u30f3\u30bf\u30b8\u30a2\u30fb\u30ed\u30b9\u30c8\u300f\uff08Steam\u306b\u30662023\u5e74\u30ea\u30ea\u30fc\u30b9\u4e88\u5b9a\uff09\u306e\u30ed\u30f3\u30b0PV\u304c\u516c\u958b

\u30a2\u30f3\u30ce\u30a6\u30f3X\u306f\u914d\u4fe1\u30a4\u30d9\u30f3\u30c8\u201cINDIE Live Expo Winter 2022\u201d\u306b\u30662023\u5e74\u767a\u58f2\u4e88\u5b9a\u306ePC\uff08Steam\uff09\u5411\u3051\u30ea\u30ba\u30e0\u30b2\u30fc\u30e0\u300e\u6771\u65b9\u30c0\u30f3\u30de\u30af\u30ab\u30b0\u30e9 \u30d5\u30a1\u30f3\u30bf\u30b8\u30a2\u30fb\u30ed\u30b9\u30c8\u300f\u306e\u6700\u65b0\u60c5\u5831\u3092\u516c\u958b\u3057\u305f\u3002 続きを読む >>

戦術的撤退後一気に打尽出来るか メディアの取り扱いが激減? やっぱり飽きっぽいのか? いや、日本国民が・・・! おいおい NHK。 侵略者目線で何を言う? NATOが核兵器に怯えて参戦しないなら、習近平が核兵器を使うぞと脅して台湾武力侵攻しても、米軍は見てるだけ、もしその時に、米国の利益にならないとアフガン撤退を決めたトランプ政権になっていたら、日台を助けても米国の利益にならない、として、日本から米軍が撤退してしまうこともあり得る。 5月初め頃は、6月には米国供与の榴弾砲M777も実戦配備されてウクライナが押し返す、と言われ、自分も期待していたが、実際には、ロシアの圧倒的物量の前に勇敢なウクライナ兵も後退するしかなく、ルハンシク征圧、ウクライナの敗勢が見えてきた。それでもなお、NATOは核兵器に怯えて参戦しない。

「ロシアが嫌い」 この割合が 米国よりも日本のほうが高い。 なぜか。 日本人特に自民投票者たちは、 東アジアが険悪であれば、 米国に何をされても 米国に諂い、愛嬌を振りまいている 惨めな自分たちに説明ができるのである。 自民投票者たちにとって、 東アジアの平和は大変息苦しい。

ロシア軍、東部ルガンスク最後の抵抗拠点「封鎖」(写真=ロイター)ロシア国防省の報道官は24日、ウクライナ東部ルガンスク州でウクライナ側にとって最後の抵抗拠点だったリシチャンスクを、ロシア軍が包囲して封鎖したと主張した。すでに同市近郊の11の集落を制圧したという。インタファクス通信が伝えた。ルガンスク州のガイダイ知事は同日、同州西部に位置する要衝セベロドネツクに残っていたウクライナ軍部隊に対して撤退命令が下ったとSNS(交流サイト)で明らかにしていた。ロシア ウクライナ軍の後退出来たか心配です。🇺🇦🇺🇦🇺🇦🇺🇦 ウクライナ軍は東部と南部で劣勢、ロシア軍の領土侵食が進む SlavaUkraini StandUpForUkraine

ロシア軍、最後の拠点都市封鎖 国防省発表、南方に部隊 | 共同通信【リビウ共同】ロシア国防省の報道官は24日、ウクライナ東部ルガンスク州で同国側部隊の最後の拠点となっ...

ロシア軍、最後の拠点都市封鎖 国防省発表、南方に部隊 | 共同通信【リビウ共同】ロシア国防省の報道官は24日、ウクライナ東部ルガンスク州で同国側部隊の最後の拠点となっ...

ロシア軍、東部ルガンスク最後の抵抗拠点「封鎖」(写真=ロイター)ロシア国防省の報道官は24日、ウクライナ東部ルガンスク州でウクライナ側にとって最後の抵抗拠点だったリシチャンスクを、ロシア軍が包囲して封鎖したと主張した。すでに同市近郊の11の集落を制圧したという。インタファクス通信が伝えた。ルガンスク州のガイダイ知事は同日、同州西部に位置する要衝セベロドネツクに残っていたウクライナ軍部隊に対して撤退命令が下ったとSNS(交流サイト)で明らかにしていた。ロシア ウクライナ軍の後退出来たか心配です。🇺🇦🇺🇦🇺🇦🇺🇦 ウクライナ軍は東部と南部で劣勢、ロシア軍の領土侵食が進む SlavaUkraini StandUpForUkraine

逮捕の「トー横」ハウル、NHK「クロ現」ページから削除 「子どもたちに慕われていた」などの記述ボランティア活動で知り合った少女にみだらな行為をしたとして逮捕された「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(32)をめぐり、NHKの報道ドキュメンタリー番組「クローズアップ現代+」のネット記事から、「ハウル」を取り上げた記述が2022年6月22日までに削除された。少年少女とのやり取りなども削除報道によると、小川容疑者は歌舞伎町の「トー横」と呼ばれるエリアで清掃や炊き出しのボランティアを行う「歌

恐竜着ぐるみの動画から目が離せない! | NHK | News Upティラノサウルスの着ぐるみの動画が人気です。 どうして目が離せなくなるのでしょうか?いろいろ調べてみると相撲とも関係が!? めちゃめちゃウケるよ😆😆😆😆😆 NHKがこれを取り上げたことにうけました😂 沢山いる(笑)

一方、ウクライナ側は州内の拠点としてきたセベロドネツクから撤退を始めたものの、隣接する都市で抗戦する構えで、東部では引き続き、攻防が続く見通しです。 続きを読む このうち、セベロドネツクからウクライナ側の部隊が撤退すると述べた地元知事は「ロシア軍はセベロドネツクの工業地帯を攻撃した」とSNSに投稿し、24日も攻撃が続いたことを明らかにしました。 アメリカのシンクタンク「戦争研究所」は24日、ウクライナ側の部隊は数日以内にセベロドネツクから撤退するという見方を示しています。 そのうえで、「ロシア軍がセベロドネツクの掌握を試みてから3か月以上がたち、兵力と装備が疲弊している。ウクライナ軍はセベロドネツクが陥落したあともリシチャンシク周辺の防衛を維持し、ロシア軍を疲弊させ続けるだろう」と分析し、今後はリシチャンシクがウクライナ側の抗戦の中心になると指摘しました。 現在、ロシア軍はリシチャンシクの南方から部隊を進軍させ、ロシア国防省は24日、周辺の集落を相次いで掌握し、リシチャンシクを南側から封鎖していると主張しました。 イギリス国防省は25日に発表した分析で、ウクライナ側がセベロドネツクからリシチャンシクにかけて防衛線を再構築する可能性があるとして、引き続き攻防が続くという見通しを示しました。 一方、イギリス国防省は侵攻を続けるロシア軍の内情について、「6月以降、ウクライナの戦争における主要な作戦指揮官から数名の将軍が排除された可能性が高い」と指摘し、具体的には軍事侵攻の総司令官を務めていたとされる南部軍管区のトップ、ドボルニコフ氏や、空てい部隊の司令官が更迭されたという見方を示しました。 ウクライナでは戦闘が行われている各地で地雷が埋められ、非常事態庁の報道官は24日、国内のすべての地雷を除去するのに少なくとも10年はかかるという見通しを明らかにしました。 .ロシア国防省の報道官は24日、ウクライナ東部ルガンスク州でウクライナ側にとって最後の抵抗拠点だったリシチャンスクを、ロシア軍が包囲して封鎖したと主張した。すでに同市近郊の11の集落を制圧したという。インタファクス通信が伝えた。 ルガンスク州のガイダイ知事は同日、同州西部に位置する要衝セベロドネツクに残っていたウクライナ軍部隊に対して撤退命令が下ったとSNS(交流サイト)で明らかにしていた。ロシア軍による同市の完全制圧は近いとみられ、隣接するリシチャンスクもロシア軍が掌握すれば、ルガンスク州全域をロシア側が支配下に置くことになる。 米シンクタンクの戦争研究所は24日、「ウクライナ軍はリシチャンスク周辺の防衛体制を維持し、ロシア軍を消耗させ続ける可能性が高い」と分析した。市内に残ったウクライナの部隊は比較的高地に陣取っており、ロシア側に反撃しやすいという。 同研究所はリシチャンスクにつながるウクライナ側の補給路はまだ完全に断たれていないとみており「ロシア軍が同市を完全に封鎖するうえで困難に直面する可能性が高い」と指摘した。一方で、ウクライナ側が今後、戦略的に同市から撤退する可能性についても触れた。.ウクライナ・キーウ、ルガンスク州・セベロドネツク、リシチャンスク、ドネツク州 【リビウ共同】ロシア国防省の報道官は24日、ウクライナ東部ルガンスク州で同国側部隊の最後の拠点となっている同州リシチャンスク市の南方にロシア側部隊が到達、市を封鎖したと発表した。ウクライナ国防省報道官も、市近郊でロシア軍がウクライナ軍の「包囲を試みている」と述べた。同州では要衝セベロドネツクが事実上陥落。隣接するリシチャンスクに激しい戦闘の中心が移りつつある。 東部ドンバス地域(ルガンスク、ドネツク両州)の制圧を急ぐロシア側はルガンスク州全域の掌握に向け攻勢を強めるとみられる。.ウクライナ・キーウ、ルガンスク州・セベロドネツク、リシチャンスク、ドネツク州 【リビウ共同】ロシア国防省の報道官は24日、ウクライナ東部ルガンスク州で同国側部隊の最後の拠点となっている同州リシチャンスク市の南方にロシア側部隊が到達、市を封鎖したと発表した。ウクライナ国防省報道官も、市近郊でロシア軍がウクライナ軍の「包囲を試みている」と述べた。同州では要衝セベロドネツクが事実上陥落。隣接するリシチャンスクに激しい戦闘の中心が移りつつある。 東部ドンバス地域(ルガンスク、ドネツク両州)の制圧を急ぐロシア側はルガンスク州全域の掌握に向け攻勢を強めるとみられる。.