ロシア、ベネズエラやキューバへの軍派遣示唆 米と緊張継続なら

2022/01/13 20:48:00

ロシア、ベネズエラやキューバへの軍派遣示唆 米と緊張継続なら

Synd, Wsj-Pro-Wsj Japanese

ロシア、ベネズエラやキューバへの軍派遣示唆 米と緊張継続なら

ロシアのリャプコフ外務次官は13日、米国との安保協議は暗礁に乗り上げたと述べ、このまま緊張が続けばベネズエラかキューバに軍を派遣する可能性があることを示唆した。

2022 年 1 月 14 日 02:44 JST【ウィーン】ロシアのセルゲイ・リャプコフ外務次官は13日、ウクライナを巡る米国との安全保障協議は暗礁に乗り上げたと述べ、このまま緊張が続けばベネズエラかキューバに軍を派遣する可能性があることを示唆した。ロシア軍はウクライナ国境付近に部隊を大規模に集結させており、米国との緊張が高まっている。リャプコフ氏は、緊張激化が続けばロシアはベネズエラ、あるいはキューバに「軍事インフラ」を派遣する可能性を排除することはできないとの考えを示した。リャプコフ氏は13日にモスクワで行われた民間のロシア語テレビ局「RTVi」のインタビューで、「何もはっきりと言うつもりはなく、何も排除はしない。米側の行動次第だ」と述べた。

リャプコフ氏は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は「ロシアを挑発し、軍事的圧力をさらに高める方向に物事が進んだ場合、ロシア海軍が取りうる措置について繰り返し発言してきた」と指摘。ロシアはそうした結末を望んではいないとした上で、外交当局者は「合意に至らなければならない」と述べた。...

続きを読む:
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 »

『デッドスペース』クリエイターの新作ホラーゲーム『The Callisto Protocol』の最新映像が公開。『ザ・ボーイズ』にも出演した福原かれんさん演じるキャラクターの姿がお披露目

Striking Distance Studiosは、ホラーアクションゲーム『The Callisto Protocol』の最新映像「The Truth of Black Iron Trailer」をYouTubeにて公開した。 続きを読む >>

ロシア、ウクライナ情勢の緊張緩和を約束せず 米国務副長官シャーマン米国務副長官は12日、ウクライナ情勢をめぐる北大西洋条約機構(NATO)とロシアとの協議後、ロシアがウクライナ国境付近の緊張緩和を約束していないと述べた。今週はウクライナ情勢をめぐってロシアとの外交協議が続くが、米国はロシア政府が一連の協議について外交が働かないとの口実に利用する意図があるかどうかは依然として不明だとも認めた。 ロシアが軍引けばすべては収束するんだよ 臆面もない恥知らずな奴だな くされプーチン

【オピニオン】プーチン氏は欧米指導者に勝るロシアのプーチン大統領がウクライナ侵攻に踏み切るかどうかは誰にも分からない。しかし、欧米同盟諸国が対処法を知らないことは、ますます明白になってきている。

凍傷負ったアムールトラの子どもを治療 ロシア【1月13日 AFP】ロシアの野生動物保護団体は12日、凍傷を負い、体力を消耗しきって死にかけていたアムールトラ(シベリアトラ)の子どもを保護して懸命に治療していると明らかにした。

Ann M.NATOとロシアとの協議はベルギー・ブリュッセルで約4時間にわたって行われた。.Dow Jones, a News Corp company News Corp is a global, diversified media and information services company focused on creating and distributing authoritative and engaging content and other products and services.外診によると、トラは体力を著しく消耗し、尻尾の先が凍傷になっていた。さらに下顎に傷を負い、壊死(えし)しかけていた。 発見時の体重は標準の約半分の20キロだったが、手術に備えて厳しいリハビリが行われ、10キロほど増えた。壊死した尻尾の先は切断された。.

Simmons and Laurence Norman 2022 年 1 月 14 日 02:44 JST 【ウィーン】ロシアのセルゲイ・リャプコフ外務次官は13日、ウクライナを巡る米国との安全保障協議は暗礁に乗り上げたと述べ、このまま緊張が続けばベネズエラかキューバに軍を派遣する可能性があることを示唆した。 ロシア軍はウクライナ国境付近に部隊を大規模に集結させており、米国との緊張が高まっている。リャプコフ氏は、緊張激化が続けばロシアはベネズエラ、あるいはキューバに「軍事インフラ」を派遣する可能性を排除することはできないとの考えを示した。 リャプコフ氏は13日にモスクワで行われた民間のロシア語テレビ局「RTVi」のインタビューで、「何もはっきりと言うつもりはなく、何も排除はしない。米側の行動次第だ」と述べた。 リャプコフ氏は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は「ロシアを挑発し、軍事的圧力をさらに高める方向に物事が進んだ場合、ロシア海軍が取りうる措置について繰り返し発言してきた」と指摘。ロシアはそうした結末を望んではいないとした上で、外交当局者は「合意に至らなければならない」と述べた。... 全文記事を読むには .