レアル・マドリードのヘント名誉会長が逝去…現役時代に史上唯一の欧州王者6回 | サッカーキング

レアル・マドリードは18日、フランシスコ・ヘント(パコ・ヘント)名誉会長が亡くなったことをクラブ公式サイトで発表した。88歳だった。 ヘント氏は現役時代、俊···

レアル・マドリード, ラ・リーガ

2022/01/18 12:38:00

【訃報】 レアル・マドリード のヘント名誉会長が逝去…現役時代に史上唯一の欧州王者6回 ■編集部より 「 フランシスコ・ヘント 氏は現役時代、 レアル・マドリード で通算600試合に出場。 ラ・リーガ 優勝12回、ヨーロピアンカップ(現CL)優勝6回などに貢献しました」

レアル・マドリード は18日、 フランシスコ・ヘント (パコ・ヘント)名誉会長が亡くなったことをクラブ公式サイトで発表した。88歳だった。 ヘント氏は現役時代、俊···

レアル・マドリードは18日、フランシスコ・ヘント(パコ・ヘント)名誉会長が亡くなったことをクラブ公式サイトで発表した。88歳だった。ヘント氏は現役時代、俊足の技巧派アタッカーとして名を馳せ、“カンタブリアの突風”という愛称で親しまれた。1952-53シーズンにラシン・サンタンデールで選手としてのデビューを飾り、1953年にレアル・マドリードへと移籍。同クラブでは通算600試合の出場で182得点を記録した。レアル・マドリードではラ・リーガ優勝12回、コパ・デル・レイ優勝2回など数々のタイトル獲得に貢献。また、ヨーロピアン・カップ(チャンピオンズリーグの前身大会)を6度制しており、現在でも個人としては史上最多、唯一の記録となっている。

続きを読む: サッカーキング »

レアル指揮官、ビルバオとの決勝を展望「非常に激しいゲームになると思う」 | サッカーキング🇪🇸監督コメント🇪🇸 レアル指揮官、ビルバオとの決勝を展望「非常に激しいゲームになると思う」 🗣編集部より 「アンチェロッティ監督はアスレティック・ビルバオのマルセリーノ・ガルシア・トラル監督について『素晴らしい監督だと思う』と印象を語りました」

W杯最終予選は吉田、古橋、三笘、室屋の招集外濃厚…森保監督「総合力で勝っていきたい」 | サッカーキング🇯🇵代表情報🇯🇵 W杯最終予選は吉田、古橋、三笘、室屋の招集外濃厚…森保監督「総合力で勝っていきたい」 ✍️🏻編集部より 「合宿開始を控え、森保監督が負傷者などの状況に言及。冨安や川島、中島翔哉についてもコメントしました」 日本人はサッカーにおける劣等人種😭 中島翔哉と久保建英がいれば何とかなる。 SredPesMobile 冨安いればなんとかなるけど吉田いなくていけんのか...

吉田麻也所属のサンプドリア、DFマニャーニをヴェローナから獲得…買取OP付レンタル | サッカーキング🇮🇹移籍情報🇮🇹 吉田麻也所属のサンプドリア、DFマニャーニをヴェローナから獲得…買取OP付レンタル 🗣編集部より 「吉田&コリーが離脱中のサンプドリアは、ヴェローナのCBジャンジャコモ・マニャーニを期限付き移籍で獲得しました」

リーグ戦欠場のPSGナバス、新型コロナに感染していた…現在は自主隔離 | サッカーキング【発表】 リーグ戦欠場のPSGナバス、新型コロナに感染していた…現在は自主隔離 ■編集部より 「15日に行われた第21節スタッド・ブレスト戦でベンチ外となっていたケイラー・ナバスは、新型コロナウイルスに感染していたようです」

A代表に帯同決定…森保監督がチェイス・アンリに期待「すべてにおいてポテンシャルが高い」 | サッカーキング🇯🇵コメント🇯🇵 A代表に帯同決定…森保監督がチェイス・アンリに期待「すべてにおいてポテンシャルが高い」 🗣編集部より 「日本代表を率いる森保一監督が、17日から行われるトレーニングキャンプに尚志高のアンリら3選手を招集した理由について語りました」 森ひゃすヤパン いちいちMF/FWって登録するほどバリエーションに富んだ戦術の監督ではないです。 トリポネ

ユトレヒト移籍の前田直輝、アヤックス戦先発でデビューも…開始10分で負傷交代 | サッカーキング【選手情報】 ユトレヒト移籍の前田直輝、アヤックス戦先発でデビューも…開始10分で負傷交代 ■編集部より 「名古屋グランパスからユトレヒトへ期限付き移籍している前田直輝は、デビュー戦となった16日のアヤックス戦で相手DFと交錯した際に左足を負傷しました」 nagoyaguragura 軽傷でありますように🙏🏻😖 ダッサwwwwwwww

レアル・マドリードのレジェンド、パコ・ヘント氏が88歳で死去 [写真]=Getty Images レアル・マドリードは18日、フランシスコ・ヘント(パコ・ヘント)名誉会長が亡くなったことをクラブ公式サイトで発表した。88歳だった。 ヘント氏は現役時代、俊足の技巧派アタッカーとして名を馳せ、“カンタブリアの突風”という愛称で親しまれた。1952-53シーズンにラシン・サンタンデールで選手としてのデビューを飾り、1953年にレアル・マドリードへと移籍。同クラブでは通算600試合の出場で182得点を記録した。 レアル・マドリードではラ・リーガ優勝12回、コパ・デル・レイ優勝2回など数々のタイトル獲得に貢献。また、ヨーロピアン・カップ(チャンピオンズリーグの前身大会)を6度制しており、現在でも個人としては史上最多、唯一の記録となっている。 ヘント氏は2016年10月からレアル・マドリードの名誉会長を務めていた。レアル・マドリードは、「パコ・ヘント氏の姿は、レアル・マドリードのすべての価値を忠実に表しており、これまでも、そしてこれからも、マドリディスタとスポーツ界にとって参考となる存在であり続けるでしょう。マドリディスタとすべてのサッカーファンは、彼を偉大なレジェンドの一人として常に覚えていることでしょう」と哀悼の意を表している。