ルイス・スアレスがアトレティコ退団…セレモニーで涙止まらず「僕のために扉を開けてくれたクラブに200%尽くした」 | Goal.com

2022/05/15 23:35:00

ルイス・スアレス, アトレティコ・マドリー

🇪🇸さらば偉大なるウルグアージョ!🇺🇾 ルイス・スアレス アトレティコ・マドリー 退団が決定…セレモニーで涙止まらず。 「僕のために扉を開けてくれたクラブに200%尽くしたよ。アトレティコはいつだって僕の心にあり続ける」

そして試合終了後の退団セレモニーでは、さらなる大きな拍手、さらなる大きな声でL・スアレスに対するチャントが歌われることに。ウルグアイ人FWは花道をつくった選手たち、チーム関係者全員と抱擁をかわしてセンターサークルまで到着し、そのときにはもう涙で顔を濡らしていた。そうしてマイクを手に取った背番号9は、声を詰まらせながら、次のようなスピーチを行なったのだった。「アトレティコのファン全員、一人ひとりに感謝をしたい。ここにやって来てから僕を包んでくれた愛情は素晴らしいものだった。忘れないよ。僕は本当に感謝をしているんだ。それと、チームメートたちにも感謝を伝えたい」

「僕はピッチで恩返をしたかった。僕に対して扉を開けてくれたクラブに、200%尽くしたよ」「(無観客で試合が行われていた)昨季は皆と一緒にいることができなかったけど、毎日道で愛情を受け取っていたんだ。アトレティコを僕の心にずっとあり続ける。アウパ・アトレティ(頑張れアトレティコを意味するクラブの決まり文句)!」L・スアレスは2020-21シーズン、バルセロナで戦力外となったことでアトレティコに加入。すると同シーズンのラ・リーガで32試合21得点を記録して、アトレティコの2014年以来となるリーグ優勝の原動力になった。優勝直後、皆が歓喜しているときに、ピッチに一人座って涙を流していた姿は多くの人々の心を打った。

続きを読む:
GOAL Japan »

『エルデンリング』に「闘技場」を追加する無料アップデートが12月7日に配信決定。1対1のほか、3対3や「遺灰」で召喚した霊体とともに繰り広げる対人戦が楽しめる

フロム・ソフトウェアは『エルデンリング』に新コンテンツ「闘技場」を追加するアップデートを12月7日(水)に配信すると発表した。 続きを読む >>

「私のバルセロナが破壊した時、個性は見られなかったな」ペップが宿敵OBの批判に反撃! | Goal.com🔵 強烈な反撃 💥 エブラ&ベルバトフの「パーソナリティまでは鍛えられない」といった批判に対し、マンチェスター・シティ 指揮官の グアルディオラ が反撃。 「私の バルセロナ が彼らを破壊した時、彼らの言うキャラクターやパーソナリティは見られなかったね」 なんでエブラとベルバトフはこんなに攻撃してるんやろ? 明らかに分が悪いし、ユナイテッドが勝ってる時ならまだしも笑 この件でペップ批判するやついたら頭おかしいぞ OBがサポーターレベルなのなんか悲しいな

「人生最悪の年。このまま終わりたくない」35歳セスク、新天地での現役続行を熱望 | Goal.com🇪🇸35歳 セスク、現役続行を熱望🔥 今季は公式戦5試合のみ…モナコ 退団を明言「人生で最悪な年だったよ」 「このまま終わるわけにはいかない。何でも受け入れるよ。自分自身を楽しみたいんだ。プレーする場所は本当に重要なことじゃない」 いよいよ、神戸に入団か。 ヴィッセル神戸確定演出きちゃーーーwww なんでも神戸と言われるのはちょっと嫌だけど、普通に見たいなぁ目の前で

ヴェルナー、リヴァプールではなくチェルシー移籍に後悔なし「“最悪の決断”ではないと思うよ!」 | Goal.com🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿我が生涯に…🙋‍♂️🔵 リヴァプール 加入の可能性もあった ヴェルナー、チェルシー 移籍に後悔なし。 「去年は UCL も優勝したんだ。“最悪の決断”ではないと思うよ!」 クロップを絶賛も「ドイツ人が大好きなタイプ」 ちょっと後悔してるみたいな言い方で草。誤訳かな? ドイツでならハーランドより決めとるしな

CL決勝チケット問題に続き…クロップがUEFAへ不満爆発「ネーションズリーグは最悪だ」 | Goal.com🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿UCL 決勝チケット問題に続き…💥 クロップ がUEFAへ不満爆発! 「ネーションズリーグはサッカー界で最も愚かなアイディアの1つ」 「一部の選手は代表戦を加えて年間75試合になる。かなり狂っているね」 ネーションズリーグなんて代表版のスーパーリーグみたいなもんだろ。都合の良い会長さんだ ネーションズリーグがあると欧州の国とワールドカップかコンフェデくらいでしか戦えないから廃止してくれ 選手が疲労でケガをしないような負担が少ない方向で

冨安健洋、次戦はCBで起用か?英メディアが「アーセナル守備陣のクライシス」を指摘 | Goal.com🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿冨安健洋、次戦はCB起用か🔴⚪ 英メディアが「アーセナル 守備陣のクライシス」を指摘。 ニューカッスル戦でCBが最大3人欠場し、フィットしているのは 日本代表 DFのみの可能性も?

レヴァンドフスキの契約更新拒否により…バイエルン、マネ獲得への動きを強める? | Goal.com🇩🇪新アタッカー確保へ本腰か🔴 レヴァンドフスキ の契約更新拒否により…バイエルン、マネ 獲得への動きを強める? ✅サリハミジッチSDが熱望か ✅5月頭には代理人と会談? ✅リヴァプール との現行契約は2023年まで マネかあ レバンドフスキのようなタイプとは違うフィニッシャーだね

この日、先発出場だったL・スアレスは65分に交代でピッチから下がったが、その際にも観客はスタンディングオベーションで称え、ウルグアイ人選手に歌われるチャント「ウルグアージョ! ウルグアージョ!」をスタジアムに響かせた。さらに「ありがとうルチョ(L・スアレスの愛称)、私たちをチャンピオンにしてくれて」との横断幕も掲げられている。 そして試合終了後の退団セレモニーでは、さらなる大きな拍手、さらなる大きな声でL・スアレスに対するチャントが歌われることに。ウルグアイ人FWは花道をつくった選手たち、チーム関係者全員と抱擁をかわしてセンターサークルまで到着し、そのときにはもう涙で顔を濡らしていた。 そうしてマイクを手に取った背番号9は、声を詰まらせながら、次のようなスピーチを行なったのだった。 「アトレティコのファン全員、一人ひとりに感謝をしたい。ここにやって来てから僕を包んでくれた愛情は素晴らしいものだった。忘れないよ。僕は本当に感謝をしているんだ。それと、チームメートたちにも感謝を伝えたい」 「僕はピッチで恩返をしたかった。僕に対して扉を開けてくれたクラブに、200%尽くしたよ」 「(無観客で試合が行われていた)昨季は皆と一緒にいることができなかったけど、毎日道で愛情を受け取っていたんだ。アトレティコを僕の心にずっとあり続ける。アウパ・アトレティ(頑張れアトレティコを意味するクラブの決まり文句)!」 L・スアレスは2020-21シーズン、バルセロナで戦力外となったことでアトレティコに加入。すると同シーズンのラ・リーガで32試合21得点を記録して、アトレティコの2014年以来となるリーグ優勝の原動力になった。優勝直後、皆が歓喜しているときに、ピッチに一人座って涙を流していた姿は多くの人々の心を打った。 しかし今季に入ってからL・スアレスは不調に苦しむことになり、シーズン後半戦にはベンチを温める機会が多くなった。今季ラ・リーガ成績は34試合11得点で、アトレティコでの2シーズンでの全公式戦含めた成績は82試合34得点だった。しかし、それでもアトレティコのサポーターは、ラ・リーガ優勝の英雄への感謝を忘れず。ディエゴ・フォルラン、ディエゴ・ゴディンらに対しても歌われてきた「ウルグアージョ! ウルグアージョ!」のチャントは、退団セレモニーが終わった後にも叫ばれ続けていた。 .マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、元マンチェスター・ユナイテッドのパトリス・エブラ氏とディミタール・ベルバトフ氏からの批判に反論した。 チャンピオンズリーグ準決勝でレアル・マドリーに劇的な逆転負けを喫し、悲願の初制覇にはまたも手が届かなかったマンチェスター・C。これを受け、宿敵マンチェスター・Uでプレーしたエブラ氏はグアルディオラ監督に対して「パーソナリティまでは鍛えられない」とリーダーシップの欠如を指摘し、またベルバトフ氏は「スモールチーム」と揶揄していた。 広告 以前にもエブラ氏へ「一緒にいたならここの選手たちのパーソナリティを説明するよ」と反論していたグアルディオラ監督だが、13日の会見でもチーム状態について問われた際に「我々はマドリーでの最後の数分で失ったのと同じキャラクターやパーソナリティで戦っている」と話し、プレミアリーグ優勝に近づく中で宿敵OBからの批判に反論した。 編集部のおすすめ.元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが、今季限りでモナコを退団する意向を明かした。 16歳でアーセナルのトップチームデビューを飾り、その後バルセロナやチェルシー、スペイン代表でも数々のタイトルを掲げてきたセスク。2018年にモナコへと加入したが、今季は負傷の影響などもあって公式戦わずか5試合の出場にとどまっていた。 そんな35歳MFは、『So Foot』のインタビューで今季限りでのモナコ退団を明言。また現役続行への意欲も語っている。 広告.「唯一言えることは、(リヴァプールには)ドイツ人の監督がいるということ。何年も前から彼のことは知っているよ。シュトゥットガルトへいた時には、彼がドルトムント行きについて話してくれた。その時はあまり良いプレーができなくて終わってしまったけどね」 「ライプツィヒにいた時にも、プレミアリーグ移籍の可能性があった。リヴァプールはいつも考えていたし、大きな可能性もあったよ。でも最終的にはチェルシーに決めて、去年はチャンピオンズリーグも優勝したんだ。“最悪の決断”ではないと思うよ!」 広告 また、「(クロップは)ドイツで最高の監督の1人だよ。僕らの監督を攻撃したいわけじゃないけど、過去数年間で最も多くのタイトルを手にしているからね。ドイツ人が大好きな素晴らしいパーソナリティを持っている。いつも楽しそうなんだ」とリヴァプール指揮官を絶賛している。 「ドイツ人は彼やトーマス・ミュラーのようなタイプが大好きだよ。思ったことをそのまま口にする。それがとても大切なことで、何かをごまかしたりはしない。本物だ。面白い男であり、タッチラインではパワーもあって周りを巻き込もうともする」 なおトゥヘル監督について問われると、「最高の監督といえばクロップと(ジョゼップ)グアルディオラしかいないような言われ方をするけど、彼もそのレベルだよ」と語っている。.