ランボルギーニ、新型4モデル発表へ…内燃機関 2022年 | レスポンス(Response.jp)

ランボルギーニ、新型4モデル発表へ…内燃機関 2022年 #新型車 #ランボルギーニ

新型車, ランボルギーニ

2022/01/14 11:01:00

ランボルギーニ 、新型4モデル発表へ…内燃機関 2022年 新型車 ランボルギーニ

ランボルギーニ (Lamborghini)は1月12日、2022年に 新型車 4モデルを初公開すると発表した。

(Lamborghini)は1月12日、2022年に新型車4モデルを初公開すると発表した。最後の内燃エンジン専用仕様となる可能性が大きい。ランボルギーニは2021年、3台の新型車を発売した。『ウラカン』のGT3レーシングカーに触発されて開発された公道走行可能モデルの『ウラカンSTO』、『アヴェンタドール』の最終モデルの『アヴェンタドール LP780-4 Ultimae』、名車『カウンタック』の50周年を祝う『カウンタックLPI 800-4』だ。また2021年には、2024年末までに全ラインアップを電動化することを柱とした「コル・タウリ(Cor Tauri)」計画を発表した。コル・タウリでは、3つの段階が設定されており、2021~2022年の第1段階では、「内燃機関への賛辞」として、ランボルギーニブランドの輝かしい歴史や過去・現在を象徴する製品に敬意を表すモデルに搭載する内燃エンジンの開発を行う。

2024年末までの第2段階が、「ハイブリッドへの移行」だ。ランボルギーニは2023年に、ハイブリッドパワートレインを搭載するランボルギーニ初のシリーズ量産モデルを発表する計画。そして2024年末までに、ランボルギーニの全ラインアップが電動化される予定だ。ランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOは、「現在のパフォーマンスを維持しながら、2023年以降の将来のハイブリッド量産車の登場に備えるために、2022年は最大限努力していく」と語っている。

続きを読む: レスポンス »

山梨・道志村 人骨のようなもの新たに2つ発見

警察による山梨・道志村山中の捜索で26日、新たに人骨のようなものが2つ見つかったことが分かりました。 続きを読む >>

【祝】AKB48・小栗有以&本田仁美の仲良しぶりにキュン!下⼝ひなな・⼭内瑞葵が個性溢れるコメント 「2022年 AKB48成人式」★チャンネル登録&評価👍お願いします!https://www.youtube.com/channel/UCnittT9IvOYhrIgpsaeeClg?sub_confirmation=1AKB48の新成人メンバー12名が、成人式記念撮影会に出席した。艶やかな振袖姿を披露し、新成人としての抱負や、「大人になった...

2022年“アニメ流行”を大予想! アナタの意見を教えて!【読者アンケート企画】 | アニメ!アニメ!✨2022年“アニメ流行”を大予想! ✨ 今年は一体どんな“アニメ”の年になるのか? みなさんから2022年度のアニメに関する<予想や期待>を募集します‼ ▼アナタの意見を教えて!🗣️〆切は1月20日⚠▼

1月のテーマ「2022年、あなたに必要な『学び』は?」【マンスリー色診断】2022年、最高のスタートダッシュを切るために、まずは自分を高めてくれる「学び」を設定しよう。仕事や人間関係、価値観や趣味、生活の見直しまで。6つの色の組み合わせの中から1つを直感で選び、心の中に抱いている決意や計画をクリアにしてみて。

バイバイ、2021年! ハロー、2022年!!年は明けましたが、横浜中華街にはまだお正月はやって来ていません! そう、春節です!! 横浜中華街は旧暦(太陰暦)で動いているので、まだ年が明けてないというわけなのです。

バイバイ、2021年! ハロー、2022年!! - 週刊アスキー年は明けましたが、横浜中華街にはまだお正月はやって来ていません! そう、春節です!! 横浜中華街は旧暦(太陰暦)で動いているので、まだ年が明けてないというわけなのです。

【レクサス LX 新型】優雅な移動体験を提供するフラッグシップSUV、価格は1250万円より | レスポンス(Response.jp)【レクサス LX 新型】優雅な移動体験を提供するフラッグシップSUV、価格は1250万円より 新型車 レクサス LX

ランボルギーニ (Lamborghini)は1月12日、2022年に新型車4モデルを初公開すると発表した。最後の内燃エンジン専用仕様となる可能性が大きい。 ランボルギーニは2021年、3台の新型車を発売した。『ウラカン』のGT3レーシングカーに触発されて開発された公道走行可能モデルの『ウラカンSTO』、『アヴェンタドール』の最終モデルの『アヴェンタドール LP780-4 Ultimae』、名車『カウンタック』の50周年を祝う『カウンタックLPI 800-4』だ。 また2021年には、2024年末までに全ラインアップを電動化することを柱とした「コル・タウリ(Cor Tauri)」計画を発表した。コル・タウリでは、3つの段階が設定されており、2021~2022年の第1段階では、「内燃機関への賛辞」として、ランボルギーニブランドの輝かしい歴史や過去・現在を象徴する製品に敬意を表すモデルに搭載する内燃エンジンの開発を行う。 2024年末までの第2段階が、「ハイブリッドへの移行」だ。ランボルギーニは2023年に、ハイブリッドパワートレインを搭載するランボルギーニ初のシリーズ量産モデルを発表する計画。そして2024年末までに、ランボルギーニの全ラインアップが電動化される予定だ。 ランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOは、「現在のパフォーマンスを維持しながら、2023年以降の将来のハイブリッド量産車の登場に備えるために、2022年は最大限努力していく」と語っている。 《森脇稔》