ヤクルト小沢怜史「ラストチャンス」生き残りへ監督と同じ右横手投げ転向 - プロ野球 : 日刊スポーツ

2022/01/26 1:10:00

ヤクルト小沢怜史「ラストチャンス」生き残りへ監督と同じ右横手投げ転向 #swallows #スワローズ #npb #小沢怜史

スワローズ, Npb

ヤクルト 小沢怜史 「ラストチャンス」生き残りへ監督と同じ右横手投げ転向 swallows スワローズ npb 小沢怜史

1軍キャンプ入りを決めたヤクルト育成の 小沢怜史 投手(23)が、崖っぷちからはい上がる。ソフトバンクを戦力外になって移籍2年目。生き残りをかけて昨年9月、右横手… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

続きを読む: 日刊スポーツ »

知ってる?こどものキケン | NHK 大阪放送局

いまの子どもたちの周りには様々なキケンがあります。子どもが安全に健やかに育つことができる社会を目指して、様々な情報を発信していきます。 続きを読む >>

【スライドショー】いつも前向き元気なマンデードアラ番外編 - プロ野球 : 日刊スポーツ【日刊スポーツ西日本写真映像チームのとっておき映像プレーバック】昨年末にもしかしたら…と予告したマンデードアラ番外編です。過去の契約更改から、つば九郎の代理人… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

オリックス山本由伸「最高の結果を」今季限り勇退宮内オーナーに日本一誓う - プロ野球 : 日刊スポーツ昨季沢村賞に輝いたオリックス山本由伸投手(23)が、今季限りで勇退する宮内オーナーに日本一を誓った。88年に就任し、昨年25年ぶりのリーグ優勝を果たし一区切り… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

キャンプ中のコロナ濃厚接触疑い、独自に6日間隔離 NPB臨時代表者会議 - プロ野球 : 日刊スポーツ日本野球機構( NPB )と12球団は24日、臨時12球団代表者会議を開き、2月1日からのキャンプガイドラインに加える項目を確認した。head--【一覧】… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 独自に6日間は認められるの? 特例とかで短縮出来るなら、みんな同じにした方がいいのでは?でも、6日間にした経緯は説明して欲しいですね。独自に何を元に安全性が確認されての判断なのか?

【鳥谷敬】「本当に下手くそだった自分」がGG賞を5度受賞の理由を語る - プロ野球 : 日刊スポーツ阪神、ロッテで活躍し、日刊スポーツ評論家に就任した鳥谷敬氏(40)が、虎の守備力向上へのポイントを提言するキャンプ前企画。最終回は「未来への挑戦」がテーマ。ゴ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

有観客キャンプ実施へ選手ら検査倍増、独自基準設け濃厚接触疑いで6日隔離 - プロ野球 : 日刊スポーツオミクロン株によるコロナ禍でのキャンプの形が見えてきた。日本野球機構( NPB )と12球団は24日、臨時12球団代表者会議を開き、策定済みのキャンプガイドライン… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 番組冒頭アナウンサーが金村義明のええかげんにせぇ~で阪神タイガースの特定の選手の名誉を傷付けるような発言がありました選手及び阪神タイガース球団ファンの皆様に大変なご迷惑をお掛けしました ここに深くお詫び申し上げますと謝罪した 金村氏はいろいろご迷惑をおかけしました」とコメントした

最速166キロ!DeNA6位梶原昂希、メジャー級打球速度で柵越え5発 - プロ野球 : 日刊スポーツDeNAドラフト6位梶原昂希外野手(22=神奈川大)が、メジャー級の打球速度をたたきだした。head--【一覧】 プロ野球 12球団キャンプ 1、2軍メン… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

ソフトバンクを戦力外になって移籍2年目。生き残りをかけて昨年9月、右横手投げに転向した。「ラストチャンス。ここで何とかって気持ちが強い」と、日本一を支えた中継ぎ陣に割って入る覚悟。右横手といえば高津監督で「シンカーについて聞きたい。いろんな球種に挑戦したい」と、実りあるキャンプにする。 野球最新ニュース .(C) 2021 Sportradar AG, St.宮内オーナーからはナインに日本一指令が出ており、エースとして「連覇できるように頑張りたい。(日本一が)最高の結果だと思うのでベストを尽くしたい」と決意。リーグ優勝時に同オーナーを胴上げできたのも思い出。「野球が好きで、選手のこともすごく思ってくれている。やりやすい環境の中でずっとできているので、本当にありがたいです」。感謝の思いを込めてもう1度、宙に舞ってもらうつもりだ。 昨年の山本は15連勝を記録し18勝5敗、防御率1・39、206奪三振で最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、勝率第1位の「投手4冠」。満足せず年始から自主トレに励み、すでに傾斜を使った投球も始めた。「強いボールも投げられていますし、しっかり動けている。今の段階ではすごく良い。投げられる準備はできています」。勇退に花を添えるパフォーマンスを整えている。【真柴健】 野球最新ニュース.新型コロナウイルスの検査体制を強化する。キャンプ地に入る前の事前検査の後、期間中はキャンプ地で週2回の定期スクリーニング検査を行う。以前の1回から増やした。検査の種類は、PCR検査および抗原定量検査など、確定診断につながる検査を原則とする。 濃厚接触者についても確認した。保健所が多忙となっている現状から、陽性者の案件が出た場合は、NPB独自に濃厚接触者の疑いを幅広に割り出す。保健所の48時間前までよりも長く、72時間前までさかのぼって接触の有無や行動記録を確認する。 そうして割り出した濃厚接触者の隔離期間については、隔離開始を0日として、3日目、5日目にPCR検査を行い、ともに陰性となれば、6日目から復帰させる。その期間に保健所から濃厚接触者と特定されれば、現状ルール通り10日間の隔離とする。 野球最新ニュース.