ヨーロッパ

ヨーロッパ

メーガン妃、第2子流産を明かす「耐えがたい悲しみ」:朝日新聞デジタル

メーガン妃、第2子流産を明かす「耐えがたい悲しみ」

2020/11/25 19:14:00

メーガン妃、第2子流産を明かす「耐えがたい悲しみ」

英王室のハリー王子の妻メーガン妃が25日、米紙ニューヨーク・タイムズへの寄稿で、7月に第2子を流産していたことを明らかにした。「耐えがたい悲しみ」だと吐露している。 同紙によると、メーガン妃は7月の…

同紙によると、メーガン妃は7月のある朝、昨年5月に生まれた長男アーチー君(1)のおむつを替えた後に「激しい痛みを感じ、床に崩れ落ちた」。「1人目の子どもを抱きしめながら、2人目を失うのだとわかった。数時間後、私は病院のベッドに寝ていた。手を握る夫の手は私たち両方の涙でぬれていた」などとつづった。寄稿では、流産について話すことは「タブー視され、孤独な悲しみが永続する」と指摘。「一人が真実を話せば、みんなが同じように話せるようになる。誰かが大丈夫ですかと声を掛けくれ、心を開いて答えを聞いてくれた時、悲しみは軽くなる。痛みを分かち合うことを受け入れてもらえることが、癒やしへの第一歩となる」として、体験を共有することの大切さを訴えた。

「日台友情」示すメッセージ、台北101に点灯 蔡総統も祝福 - ライブドアニュース コスプレ 著作権ルール化へ - Yahoo!ニュース PDFが世界中で広く使われるようになった理由とは? 続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

NHK静岡アナウンサーブログ:NHKブログ | 高栁 秀平 | 1000羽のムクドリ 専用ライトで対策してみた【高柳秀平】

【わたしとムクドリの出会い】 日曜日の夕方。スーパーに寄った帰りにふと空を見上げ...

メーガン元妃ではない?