ミャンマーで邦人拘束 フリー記者、家宅捜索の情報も(写真=ロイター)

ミャンマーで邦人拘束 フリー記者、家宅捜索の情報も

2021/04/18 23:33:00

ミャンマーで邦人拘束 フリー記者、家宅捜索の情報も

【ヤンゴン=共同】ミャンマー在住のフリージャーナリスト北角裕樹さん(45)が18日、最大都市ヤンゴンの自宅近くで治安当局に拘束された。地元メディアなどが報じた。治安当局の家宅捜索を受けたとみられ、段ボール箱が持ち出される様子を近所の住民が目撃したという。北角さんは2月26日、国軍のクーデターに抗議するデモの取材中に拘束され、同日中に解放されていた。地元メディアによると、北角さんは4月18日夜、

【ヤンゴン=共同】ミャンマー在住のフリージャーナリスト北角裕樹さん(45)が18日、最大都市ヤンゴンの自宅近くで治安当局に拘束された。地元メディアなどが報じた。治安当局の家宅捜索を受けたとみられ、段ボール箱が持ち出される様子を近所の住民が目撃したという。北角さんは2月26日、国軍のクーデターに抗議するデモの取材中に拘束され、同日中に解放されていた。地元メディアによると、北角さんは4月18日夜、警察車両に乗せられ、連行された。在ミャンマー日本大使館が確認を急いでいる。会員制交流サイト(SNS)には、治安当局が北角さんに両手を上げさせ、ひざまずかせて拘束したとする目撃者情報が投稿されている。

中国のロケット残骸、インド洋に落下と国営メディア - ライブドアニュース マルフォイの釣り画像「釣られたなポッター」Twitterの縦長表示に進化も - ライブドアニュース ロケット残骸、地中海上空で大気圏再突入へ 中国当局が発表 - ライブドアニュース

北角さんは元日本経済新聞記者。ミャンマーに移り住み、日本語情報誌の編集長を経て、フリーで活動していた。一度拘束され、解放された後もデモの取材を続け、SNSに記事や写真を投稿していた。 続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

故郷チェルノブイリを訪ねる旅 35年ぶりの我が家は… - BBCニュース

1986年に起きたチェルノブイリ原発事故では、原発に最も近い人口5万人の街プリピャチを含め、原発を中心とする4000平方キロの地域に住む人々は避難を余儀なくされた。

ミャンマーのクソッタレ軍部どもめ、日本にまで害成してきちゃったかい。もう友好面してちゃいけないよねぇ。軍人めらに金ばっか騙し取られちゃって間抜けじゃないか。中国のインチキ支配層と同じじゃない。 日本政府は厳重な抗議をすべきである。 日本国民が危険に晒されてるのであれば政府は絶対に救出の行動をしなければならない。自己責任等と言って放置してはいけない。国民国家なんだから。 何故、同胞でこんな争いをする20世紀で終わらし21世紀は世界や未来について行動するSDGsなど20世紀で人が起こした掃除と未来発展の為に使う時間 何故、力を欲しがり行使をする ミャンマーは中国とも続いている今だからこそ対中国対策につながる 早く、各国で助けるよう協力しないとならない