マルウェアに固有の電磁波を検出して攻撃を防ぐシステム「Tempest」が開発される

マルウェアに固有の電磁波を検出して攻撃を防ぐシステム「Tempest」が開発される

2021/10/27 17:00:00

マルウェアに固有の電磁波を検出して攻撃を防ぐシステム「Tempest」が開発される

運転が自動化された航空機や自動車には「攻撃者に悪意のある変更を加えられた場合、重大な事故につながる」というリスクが存在します。そんな「悪意のある変更」をハードウェアから発せられる電磁波をスキャンして検知するシステムが開発されました。

Tempest以下の4つの画像は検出対象のハードウェアから発せられる電磁波のスペクトラムを示しており、右上の「Clean Application」は通常のハードウェア、「V1~V3」は悪意ある変更を加えられたハードウェアのものです。Tempestはこのような「悪意ある変更を加えられたハードウェアに特有の電磁波」を検出できるように学習されており、その検出精度は98.87%とされています。 続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

【イチロー氏】「プロの選手の中でも最高」のバットと金言を千葉明徳に贈る - 高校野球 : 日刊スポーツ

イチロー先生が、今度は千葉にやってきた。マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(48)が3日、千葉明徳を訪れた。2日から2日間の指導を… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)