マニュライフ生命「租税回避」指南に下る厳罰 | ニュース・リポート

2022/05/15 21:06:00

マニュライフ生命保険による節税効果を過度に強調した営業行為をめぐって、当時主導していた元幹部社員と責任追及に向けた金融庁との攻防戦の幕が開こうとしている。

東洋経済, 東洋経済オンライン

生命保険による節税効果を過度に強調した営業行為をめぐって、当時主導していたマニュライフ生命保険の元幹部社員と責任追及に向けた金融庁との攻防戦の幕がいよいよ開こうとしています。

マニュライフ生命保険による節税効果を過度に強調した営業行為をめぐって、当時主導していた元幹部社員と責任追及に向けた金融庁との攻防戦の幕が開こうとしている。

マニュライフをはじめとする一部の生保はそれまで、低解約返戻金型の逓増定期という法人向けの保険商品を使い、「名変(名義変更)プラン」と呼ばれる節税効果を過度に強調するような営業を展開していた。同商品はおおむね契約から5年が経過すると、契約者が受け取る解約返戻金が大きく跳ね上がる仕組みになっている。その仕組みを利用して、契約者は5年目になる直前に契約の名義を法人から役員など個人に変更し譲渡。そうすると返戻金は税制上個人の一時所得として扱われ、役員報酬などと比べて所得税の負担を大きく軽減できるというからくりだ。

続きを読む:
東洋経済オンライン »

W杯未明決戦、歓喜と悲嘆と 札幌もPV熱気「選手は最後まで頑張った」:北海道新聞 どうしん電子版

サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会のベスト8を懸けた日本対クロアチアの熱戦を見届けようと6日未明、各地でパブリックビューイング(PV)などが行われた。ファンたちは勝利を信じて熱心に応援。P... 続きを読む >>

混沌のビットフライヤー、ファンド買収の行方 | ニュース・リポート暗号資産交換所で国内最大手のbitFlyer(ビットフライヤー)が揺れている。5月中にも、ビットフライヤーを傘下にする持株会社でビットフライヤーホールディングス(未上場)の約6割に当たる株式をICT業界などの案…

混沌のビットフライヤー、ファンド買収の行方 | ニュース・リポート暗号資産交換所で国内最大手のbitFlyer(ビットフライヤー)が揺れている。5月中にも、ビットフライヤーを傘下にする持株会社でビットフライヤーホールディングス(未上場)の約6割に当たる株式をICT業界などの案…