Sfts, マダニ, 感染症, ウイルス感染症, 東京都, 感染, 国立感染症研究所

Sfts, マダニ

マダニの感染症、都内で患者初確認

マダニの感染症、都内で患者初確認

16.5.2019

マダニ感染症、都内で患者初確認

東京都は16日までに、マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」に都内在住の50代男性が感染したと発表した。都内での患者報告は初めて。都の感染症対策課によると、男性は1日

都の感染症対策課によると、男性は1日から5日にかけて長崎県を旅行中にマダニにかまれて感染したとみられている。発熱、下痢、嘔吐(おうと)などの症状を訴えて12日に入院、現在は意識障害があり重症という。

SFTSは国内では2013年1月に初めて患者が報告され、4月24日現在で西日本を中心に23府県で404人が感染、65人が死亡した。国立感染症研究所によると、血液など患者の体液との接触による人から人への感染も報告されている。治療法はなく、症状に応じた対症療法が行われることになる。

続きを読む: 日本経済新聞 電子版

6年で65人も死んでる

コメントを書く

Thank you for your comment.
Please try again later.

最新ニュース

ニュース

16 5月 2019, 木曜日 ニュース

前のニュース

東証10時 下げ幅拡大、2万1000円割れ 米中摩擦激化懸念で中国関連株に売り

次のニュース

テスラ出資のT・ロウ、保有株式の大半を売却
東証10時 下げ幅拡大、2万1000円割れ 米中摩擦激化懸念で中国関連株に売り テスラ出資のT・ロウ、保有株式の大半を売却