マインドフルネス, 読書, 精神, サイエンス, マインドフルネス, ライフスタイル

マインドフルネス, 読書

マインドフルネスは効果的だが実践は難しい...そこで助けをくれる2冊の本

<マインドフルネスで、ありのままの自分と現状を受け入れる。その実践のヒントになる...

2021/10/26 1:00:00

マインドフルネス は効果的だが実践は難しい...そこで助けをくれる2冊の本……< マインドフルネス で「ありのままの自分」と現状を受け入れる。その実践のヒントになるflier編集部イチオシの2冊> マインドフルネス 読書 精神

マインドフルネス で、ありのままの自分と現状を受け入れる。その実践のヒントになる...

貧困な家庭に育ち、家族の世話に疲れていた少年時代の著者・ジム。あるときマジック用品店にて、人生を変えるマジックを知る女性ルースに出会います。彼女から6週間かけてマジックを学んだジムは、心が癒され、医者になるという夢に向かっていく。順調に脳外科医としてのキャリアを築いていったジムでしたが、思いがけない事態に遭遇し、富と成功を一気に失うことに。その喪失により、いちばん大切なマジックを明らかにする旅が始まっていきます――。読者は著者の半生をたどりながら、「マインドフルネス」と「ビジュアライゼーション」を学ぶことができます。そう、ここでの「最強のマジック」とはマインドフルネスに至るための方法なのです。

「他の車もひいていて私も『いいかな』と」 相次ぎはねられ男性重体 - ライブドアニュース 女子テニス協会が中国での大会中止に 彭帥の安否懸念で - ライブドアニュース アルコール消毒の盲点?増える感染性胃腸炎 | NHKニュース

印象的だったのは、マインドフルネスに至るまでのステップ「心を開く」がいかに難しいかということでした。その前のステップである、頭の中の声をとめることにも一苦労。なぜなら、心の余裕をなくしかけたとき、脳内ではこんな声がするからです。自分は何か欠けているのではないか。期待に応えられないのではないか。これらは過去によってつくられた「雑音」であるのに、まるで自分自身の声のように聞こえてしまうのです。それでも、本書を読むと、心の声が静まり、心を開けるようになると信じることができます。それは、ルースの教えが、いま私自身が自己を肯定できるように応援してくれている人の答えと非常に似ていたからです。

続きを読む: ニューズウィーク日本版 »

“理容師発”の校則改革 髪型の校則で悩んだら“プロ”に相談を! - みんなでプラス - NHK

【NHK】取材班のもとに届いた1通のメッセージ。髪型の校則を巡る理容師からの戸惑いがつづられていました。