マイクロソフト、約7.8兆円でアクティビジョン・ブリザード買収へ。CoDやディアブロ、オーバーウォッチ等を獲得 - ライブドアニュース

2022/01/19 1:15:00

マイクロソフトがゲームパブリッシャー大手アクティビジョン・ブリザードを買収する計画を発表しました。主要株主と規制当局のお許しを得て買収が成立すれば、マイクロソフトは多数の開発スタジオも傘下に収め、Call

Itビジネス

【ゲーム大手】マイクロソフト、約7.8兆円でアクティビジョン・ブリザード買収へ 成立すれば多数の開発スタジオも傘下に収め、『Call of Duty』や『Diablo』『Warcraft』『Overwatch』『Candy Crush』『Starcraft』などを自社タイトルとして獲得することとなる。

マイクロソフトがゲームパブリッシャー大手アクティビジョン・ブリザードを買収する計画を発表しました。主要株主と規制当局のお許しを得て買収が成立すれば、マイクロソフトは多数の開発スタジオも傘下に収め、Call

主要株主と規制当局のお許しを得て買収が成立すれば、マイクロソフトは多数の開発スタジオも傘下に収め、Call of Duty や Diablo、Warcraft、Overwatch、Candy Crush、Starcraft 等々を自社タイトルとして獲得することになります。買収はすべて現金で一株あたり95ドル、総額687億ドルになる見込み。日本円にして約7兆8700億円に上る超大型の案件です。買収後もアクティビジョン・ブリザードの経営陣は残り、CEOのBobby Kotick は引き続きチームの指揮を取りつつマイクロソフトゲーミングのボス Phil Spencerにリポートする立場になります。

Activision Blizzard従業員、2021年3度目のスト敢行。『CoD』開発子会社での12人解雇に抗議Activision Blizzard、セクハラ問題に関係した従業員をさらに解雇・懲戒処分マイクロソフトはアクティビジョン・ブリザードの買収で獲得したタイトルを、サブスクリプション制サービス Xbox Game Pass / PC Game Pass に追加する計画。ベセスダ(の親会社ゼニマックス)の買収では、フォールアウトやエルダースクロールズ、DOOM、Quake、ウルフェンシュタインといったシリーズが過去作を含めゲームパスの遊び放題に加わり、新作も発売と同時に追加費用なしで遊べるようになりました。

続きを読む: ライブドアニュース »

「ワルイージ」コスプレで独身最後を祝ったバチェロレッテ・パーティーがSNSで話題に。海賊やカウボーイ、消防士など手の込んだコスプレが迫力満点

8月5日、7人の「ワルイージ」たちによるバチェロレッテ・パーティー(独身最後のパーティー)の動画がTikTokに投稿され話題となっている。 続きを読む >>

この期に金貯めようかなぁ コンカーしたいし PS5終了 GAFAM恐ろしや けどactivision ってもうその辺の支配下になってるような気もするけどなあ 任天堂との関係はどうなるんですか!? どうしても箱の時代来てほしくない人多すぎて笑うw 日本に箱の時代は来ないだろうけどそれと関係なくPS沈んでるから心配いらんって 正直XboxSXもPS5も値段変わらないならXBOX買っとこうよ。Haloできるよ。 仲間内で話題になってたので つまりこういうことですね 「Warcraft」じゃなくて「World of Warcraft」ね それでもXbox売れなさそう♪ 7.8円なら買います!

マイクロソフト、約7.8兆円でアクティビジョン・ブリザード買収へ。CoDやディアブロ、オーバーウォッチ等を獲得 - Engadget 日本版

マイクロソフト、約7.8兆円でアクティビジョン買収へ。CoDやディアブロ、オーバーウォッチ等を獲得 - Engadget 日本版ゲームといえば、ハードもソフトも日本の独壇場だったのに時代は変わってしまった。 💹 7.8兆円で買ってもそれ以上に儲かるのね・・。😃

米ゲームソフト大手買収へ=マイクロソフト、7.9兆円で - ライブドアニュース1000RT:【発表】マイクロソフト、アクティビジョン・ブリザード社を買収へ 買収額は687億ドル(約7兆9000億円)規模。MSは家庭用ゲーム機「Xbox」を販売しており、買収を通じてゲーム事業の強化を目指す。 さっさとオーバーウォッチ2作れ!! 規模がえぐい

マイクロソフト、米ゲーム大手を7・8兆円で買収…ソニーに次ぐ世界3位に : 経済 : ニュース【ニューヨーク=小林泰明】米IT大手マイクロソフト(MS)は18日、米ゲームソフト大手「アクティビジョン・ブリザード」を買収すると発表した。買収額は687億ドル(約7・8兆円)となる。MSは家庭用ゲーム機「Xbox」を 日本のスマホゲーム会社も頑張ろうぜ。 こっから勝負です。 巣籠需要が味方や。 まだ諦めないのか‥ ガチで言うが、Microsoftは今や、未だに GAFA と言ってる人たちが時代遅れだと断言される程に、この4社に並ぶまでの企業に返り咲きしております。 今の時代では、GAFA じゃなくて GAFAM というのが正解です。

マイクロソフト、アクティビジョン買収 現金687億ドル 過去最大米マイクロソフトは18日、ゲームソフト開発アクティビジョン・ブリザードを現金687億ドルで買収すると発表した。マイクロソフトの買収としては過去最大規模で、世界第3位の売上高を誇るゲーム会社となる見通し。 現金か。すげーー。

マイクロソフトがゲームパブリッシャー大手アクティビジョン・ブリザードを買収する計画を発表しました。 主要株主と規制当局のお許しを得て買収が成立すれば、マイクロソフトは多数の開発スタジオも傘下に収め、Call of Duty や Diablo、Warcraft、Overwatch、Candy Crush、Starcraft 等々を自社タイトルとして獲得することになります。 買収はすべて現金で一株あたり95ドル、総額687億ドルになる見込み。日本円にして約7兆8700億円に上る超大型の案件です。 買収後もアクティビジョン・ブリザードの経営陣は残り、CEOのBobby Kotick は引き続きチームの指揮を取りつつマイクロソフトゲーミングのボス Phil Spencerにリポートする立場になります。 Activision Blizzard従業員、2021年3度目のスト敢行。『CoD』開発子会社での12人解雇に抗議Activision Blizzard、セクハラ問題に関係した従業員をさらに解雇・懲戒処分 マイクロソフトはアクティビジョン・ブリザードの買収で獲得したタイトルを、サブスクリプション制サービス Xbox Game Pass / PC Game Pass に追加する計画。 ベセスダ(の親会社ゼニマックス)の買収では、フォールアウトやエルダースクロールズ、DOOM、Quake、ウルフェンシュタインといったシリーズが過去作を含めゲームパスの遊び放題に加わり、新作も発売と同時に追加費用なしで遊べるようになりました。 マイクロソフト、ベセスダ作品20本をXboxゲームパス定額サービスで提供 すでにXbox Game Pass や PC Game Passを楽しんでいるゲーマー、加入を検討するゲーマーにとっては、同じ価格でさらに多くの人気タイトルが遊び放題に加わる嬉しいニュースという面もあります。 一方、これまで多機種で展開していたコールオブデューティーやオーバーウォッチ、ディアブロ、ウォークラフト、スタークラフトといった人気シリーズが、マイクロソフトの自社タイトルとしてゲーム機では Xbox 独占になる可能性もあります。 実際に買収されたベセスダの新作、オープンワールド宇宙RPGの『Starfield』は、Windows PCおよびXboxのみで発売するタイトルになりました。 ベセスダの新作は「一部」XboxとPC独占へ。マイクロソフトがZeniMax買収を完了 しかしマイクロソフトが買収して育てた看板のひとつ Minecraft が現在もマルチプラットフォーム展開を続けているように、マイクロソフトのIPになったからといってXbox独占になるとは限りません。特に家庭用ゲーム機で人気のタイトルではプレイステーション版の占める割合が多いため、変わらずPSでも遊べる可能性はあります。 .すでにXbox Game Pass や PC Game Passを楽しんでいるゲーマー、加入を検討するゲーマーにとっては、同じ価格でさらに多くの人気タイトルが遊び放題に加わる嬉しいニュースという面もあります。 一方、これまで多機種で展開していたコールオブデューティーやオーバーウォッチ、ディアブロ、ウォークラフト、スタークラフトといった人気シリーズが、マイクロソフトの自社タイトルとしてゲーム機では Xbox 独占になる可能性もあります。 実際に買収されたベセスダの新作、オープンワールド宇宙RPGの『Starfield』は、Windows PCおよびXboxのみで発売するタイトルになりました。 しかしマイクロソフトが買収して育てた看板のひとつ Minecraft が現在もマルチプラットフォーム展開を続けているように、マイクロソフトのIPになったからといってXbox独占になるとは限りません。特に家庭用ゲーム機で人気のタイトルではプレイステーション版の占める割合が多いため、変わらずPSでも遊べる可能性はあります。 ※エンガジェット日本版は記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。.主要株主と規制当局のお許しを得て買収が成立すれば、マイクロソフトは多数の開発スタジオも傘下に収め、Call of Duty や Diablo、Warcraft、Overwatch、Candy Crush、Starcraft 等々を自社タイトルとして獲得することになります。 買収はすべて現金で一株あたり95ドル、総額687億ドルになる見込み。日本円にして約7兆8700億円に上る超大型の案件です。 買収後もアクティビジョン・ブリザードの経営陣は残り、CEOのBobby Kotick は引き続きチームの指揮を取りつつマイクロソフトゲーミングのボス Phil Spencerにリポートする立場になります。 マイクロソフトはアクティビジョン・ブリザードの買収で獲得したタイトルを、サブスクリプション制サービス Xbox Game Pass / PC Game Pass に追加する計画。 ベセスダ(の親会社ゼニマックス)の買収では、フォールアウトやエルダースクロールズ、DOOM、Quake、ウルフェンシュタインといったシリーズが過去作を含めゲームパスの遊び放題に加わり、新作も発売と同時に追加費用なしで遊べるようになりました。 すでにXbox Game Pass や PC Game Passを楽しんでいるゲーマー、加入を検討するゲーマーにとっては、同じ価格でさらに多くの人気タイトルが遊び放題に加わる嬉しいニュースという面もあります。 一方、これまで多機種で展開していたコールオブデューティーやオーバーウォッチ、ディアブロ、ウォークラフト、スタークラフトといった人気シリーズが、マイクロソフトの自社タイトルとしてゲーム機では Xbox 独占になる可能性もあります。 実際に買収されたベセスダの新作、オープンワールド宇宙RPGの『Starfield』は、Windows PCおよびXboxのみで発売するタイトルになりました。 しかしマイクロソフトが買収して育てた看板のひとつ Minecraft が現在もマルチプラットフォーム展開を続けているように、マイクロソフトのIPになったからといってXbox独占になるとは限りません。特に家庭用ゲーム機で人気のタイトルではプレイステーション版の占める割合が多いため、変わらずPSでも遊べる可能性はあります。 ※エンガジェット日本版は記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。.【ニューヨーク時事】米IT大手マイクロソフト(MS)は18日、米ゲームソフト大手アクティビジョン・ブリザードを687億ドル(約7兆9000億円)で買収すると発表した。 MSは家庭用ゲーム機「Xbox(エックスボックス)」を販売しており、買収を通じゲーム事業の強化を目指す。.