ペーパーレスで転換迫られる複合機業界-コニカミノは人員削減

  • 📰 BloombergJapan
  • ⏱ Reading Time:
  • 6 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 6%
  • Publisher: 68%

Cojp ニュース

日本 最新ニュース,日本 見出し

ペーパーレス化が進み縮小傾向が続く複写機・複合機市場で、メーカー各社は戦略転換を迫られている。コニカミノルタは4日、2025年3月末までに国内外で2400人の人員を削減すると発表した。業界再編のきっかけにつながるか注目されている。

コニカミノの資料によると、同社は事業の選択と集中を行い、グループ社員一人当たりの生産性向上を図るための施策をグループレベルで実行する。今回の構造改革に伴って発生する一過性費用は25年3月期に200億円前後計上する見込み。半面、26年3月期の事業貢献利益の押し上げ効果は約200億円を見込む。)のデータによると、複写機・複合機の23年の出荷実績はリーマンショック前の07年と比較して、金額ベースで約24%減少した。の設立に向けて手続きを進める。コニカミノの人員削減を受けて、今後大手でも業界再編や構造改革が起きるかに関心が集まりそうだ。

会見に出席した大幸利充社長兼CEOは、複写機などの事業については「1社でやれることはやっている」とした上で、性能や機能の競争がない分野を中心に「アライアンスの可能性も追求していく」との考えを示した。

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。
このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 4. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し