ペットボトルロケット高さ「世界新」 大樹で打ち上げ成功 東京の生徒ら:北海道新聞 どうしん電子版

2022/08/08 14:00:00

ペットボトルロケット発射⤴️ ギネス記録の高みへ⤴️ 東京・翔和学園の生徒たちが成功させました 長さ7メートルと巨大です🚀 記事👉

北海道, 主要

ペットボトル ロケット 発射⤴️ ギネス記録の高みへ⤴️ 東京・翔和学園の生徒たちが成功させました 長さ7メートルと巨大です🚀 記事👉

【大樹】発達障害や引きこもりなどの若者が通うNPO法人翔和学園(東京)の生徒が2日、ギネス世界記録を目指し、手作りのペットボトル ロケット を十勝管内大樹町の公園で打ち上げた。 ロケット は高さ16メートル...

ペットボトルロケットはボトル内の水に圧力を加えて打ち上げる。同学園によると「最大の水ロケット」部門で、長さ7メートル以上のロケットを5メートル以上打ち上げると世界記録となる。

続きを読む:
北海道新聞 »

<筋トレで体いきいき>座って片方のお尻を浮かす バランス能力、筋肉強化:北海道新聞 どうしん電子版

今回は椅子などに座り、片方のお尻を少し浮かせる動作に取り組みます。座った姿勢で体のバランスを取る能力を高めたり、お尻周りの筋肉を強くしたりすることにつながります。 座面が硬めの椅子に座り、手は膝... 続きを読む >>

旅先で病気、受診無理かも 専門家コロナ対策呼びかけ:北海道新聞 どうしん電子版もうすぐお盆休み。新型コロナウイルス流行に伴う緊急事態宣言などが出ていた昨夏と違い、今年は旅行や帰省が増えそう。しかし流行「第7波」の拡大で、各地で医療が逼迫しており、旅先で体調を崩しても、必要な医...

札幌五輪招致、スポーツ体験で盛り上げて ジャンプ競技場でイベント:北海道新聞 どうしん電子版2030年冬季五輪・パラリンピック招致を目指す札幌市などは6日、同市中央区の大倉山ジャンプ競技場で子ども向けスポーツ体験イベントを始めた。気軽にスポーツを楽しんでもらい、招致機運を盛り上げるのが狙い...

「かかりつけ医」の情報足りず 普及に課題、日医総研調査:北海道新聞 どうしん電子版20歳以上で「身近なかかりつけ医がいない」という人の64・6%が、情報が足りないと考えていることが日本医師会総合政策研究機構(日医総研)の調査で分かった。新型コロナ禍で、かかりつけ医は発熱時やワクチ... 「かかりつけ医」も「かかりつけ薬剤師」も 言葉など作って消費者?や必要な方々へは 意味不明なことが師業者に多いですよね…

札大谷、甲子園開会式後に打撃練習 強心臓の佐々木、狙うは本塁打:北海道新聞 どうしん電子版夏の甲子園が開幕した6日、札大谷(南 北海道 )は開会式後に和歌山県橋本市のグラウンドでシートノックや打撃練習を行った。旭大高(北 北海道 )は休養に充てた。 札大谷の攻守のキーマンは、2年生ながら正捕...

「おり鶴さん」単行本に 被爆者漫画家の4こま連載:北海道新聞 どうしん電子版長崎で被爆した漫画家の西山進さん(94)=福岡市=が、日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の月刊機関紙「被団協」で40年以上にわたり連載した4こま漫画「おり鶴さん」を、西山さんと親交のある被爆者らが...

<きょうの一品>きな粉くずプリン:北海道新聞 どうしん電子版◇材料(2人分) 牛乳1カップ、きな粉、てんさい糖、くず粉各10グラム、A(てんさい糖大さじ1.5、水大さじ1/2)◇作り方...

【大樹】発達障害や引きこもりなどの若者が通うNPO法人翔和学園(東京)の生徒が2日、ギネス世界記録を目指し、手作りのペットボトルロケットを十勝管内大樹町の公園で打ち上げた。ロケットは高さ16メートル78センチまで上昇し、達成の条件の5メートルを大きく超えた。同学園は「世界記録を達成した」として認定を申請する。 ペットボトルロケットはボトル内の水に圧力を加えて打ち上げる。同学園によると「最大の水ロケット」部門で、長さ7メートル以上のロケットを5メートル以上打ち上げると世界記録となる。 残り: .もうすぐお盆休み。新型コロナウイルス流行に伴う緊急事態宣言などが出ていた昨夏と違い、今年は旅行や帰省が増えそう。しかし流行「第7波」の拡大で、各地で医療が逼迫しており、旅先で体調を崩しても、必要な医療をすぐに受けられない恐れがある。感染症の専門家は「遠距離移動のリスクを分かった上で行動を」と呼びかけ、対策のポイントを作成した。 この専門家は沖縄県立中部病院の高山義浩医師。全国でも流行状況が深刻な沖縄を訪れる旅行客向けに「旅行前」「旅行中」「旅行後」に分けて対策ポイントをまとめたが「他の地域の訪問を考えている人も参考にしてほしい」と話している。 まず旅行前。できるだけ3回目の(対象者は4回目も)ワクチン接種を終え、出発直前にはPCR検査を受けて陰性を確認するのが望ましい。 旅行中は「感染しない、させない」ための行動を。具体的には人混みでのマスク着用、手指衛生にも気を配る。体調が悪いときは外出せずに宿泊先で休み、必要に応じて医療機関や行政の窓口などに相談し指示に従う。現地で医療が逼迫していれば、受診できないリスクがあることも認識しておこう。 目的地到着前に発症した場合は、飛行機やフェリーなどに乗れなくなり、行き場を失う可能性がある。療養する場所が見つからず、宿を自分で確保しなければならなくなったり、キャンセル料などの負担がかかったりする恐れもあるという。 旅行から帰った後も、1週間程度は高齢者など重症化リスクの高い人に会うのは控えたい。高山医師は、帰宅後1週間ほどの間にコロナ感染が判明したら、宿泊したホテルなどに連絡してほしいとしている。 より詳しい記事は電子版会員専用です。.2030年冬季五輪・パラリンピック招致を目指す札幌市などは6日、同市中央区の大倉山ジャンプ競技場で子ども向けスポーツ体験イベントを始めた。気軽にスポーツを楽しんでもらい、招致機運を盛り上げるのが狙いで、招致関係者が会場を視察した。 市と道内経済団体などでつくる招致期成会が実施。同競技場で6、7両日、サマージャンプ大会が開かれるのに合わせ、2日間の日程でフロアカーリングやバスケットボールなどのコーナーを設ける。 残り:.20歳以上で「身近なかかりつけ医がいない」という人の64・6%が、情報が足りないと考えていることが日本医師会総合政策研究機構(日医総研)の調査で分かった。新型コロナ禍で、かかりつけ医は発熱時やワクチン接種の相談先として注目が集まった。政府や医療団体は普及を目指しており、得意な治療分野など、分かりやすい情報発信が課題になりそうだ。 かかりつけ医に法律上の定義はなく、日本医師会などは「何でも相談でき、必要な時に専門医を紹介してくれる身近で頼りになる医師」と説明してきた。 調査は3月、無作為に選んだ20歳以上の男女4千人のうち、1152人から回答を得た。.