ベビーテックが育児を見える化 夜泣きにもAIで備え

ベビーテックが育児を見える化 夜泣きにもAIで備え

2021/09/19 23:23:00

ベビーテックが育児を見える化 夜泣きにもAIで備え

慣れない子育てに疲れモヤモヤしがちなのを、テックですっきりさせ少しでも楽しく――。スタートアップが人工知能(AI)やセンサーなどの技術で出産や育児の負担を軽くするサービスを広げている。赤ちゃんの生活リズムをデータにするなど「見える化」することで、両親らが備えやすくし積極的な育児参加にもつなげる。ベビーテックの進化には、起業家自身の父親、母親としての子育て体験も生きている。■20万人の泣き声分析

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

「特殊詐欺を疑って」ハローキティが防犯呼びかけ 大分 日出町 | NHKニュース

【NHK】特殊詐欺の被害を防ごうと、大分県日出町で、世界的に人気のキャラクター「ハローキティ」が警察官と一緒にチラシを配って注意を…

焼き鳥屋の親父、外車購入。趣味でやってる喫茶店の店主、毎日風俗通い。スナックのママ、複数回海外旅行。バーのマスター、今年1日も働かなく2店目出店 これが5兆円以上・1店舗1400万以上・1ヶ月120万円の飲食店の協力金8割の使い道 国民1人14万以上負担 払わされるの国民 今はネットワークカメラが数千円で買える時代、スマホ画面でチェックできる、育児ママ/パパの負担軽減に