アメリカ社会, カルチャー, セレブ

アメリカ社会, カルチャー

ブリトニー・スピアーズ、最悪の独占取材を経験した記者が語る2007年の真実

<成年後見人の解除を求めて注目されたブリトニー・スピアーズ。あのとき私が見たのは...

2021/07/24 17:30:00

ブリトニー・スピアーズ、最悪の独占取材を経験した記者が語る2007年の真実 <成年後見人の解除を求めて注目されたブリトニー・スピアーズ。あのとき私が見たのは助けが必要な1人の若者だった>

<成年後見人の解除を求めて注目されたブリトニー・スピアーズ。あのとき私が見たのは...

英ゴシップ誌「OK!」からブリトニーの独占インタビューを任せると連絡があったときの興奮は今も忘れない。私は当時使用していた携帯端末ブラックベリーの予定表に「ブリトニーとインタビュー!」と打ち込んだ。日付は2007年7月19日だった。あの頃、ブリトニーの全てがメディアの関心の的だった。今となっては、彼女が精神面の問題に苦しみ、極度のプレッシャーにさらされていたことは痛いほど明らかだ。だが当時、ブリトニーに関する報道は極めてネガティブなものになっており、彼女は自分自身の言葉で、真実を語るチャンスとして独占インタビューに同意した。

Twitterで話題となった「猫耳目薬」が商品化 しみニャいタイプなど計3種発売 - ライブドアニュース iPhoneのLightningコネクタ廃止 2024年までに実現する可能性 - ライブドアニュース 台湾、TPP加盟を正式申請 中国に対抗

取材場所はロサンゼルスのハリウッド・ヒルズ地区にある本人の豪邸だった。到着後、この手のインタビューの撮影に雇われる大人数のチームが準備を進める傍ら、私は用意した質問を慎重に確認した。それから私たちは待った。さらに待った。ようやくブリトニーが現れたのは約束の時間の45分後。とはいえ、ほかのセレブと比べれば、まだ時間に正確なほうだった。疾走してくる彼女の車の背後には、パパラッチの大群が連なっていた。ブリトニーを日々取り巻く、おぞましく危険なサーカス。私たち「一般人」にとってショッキングな光景だった。自己紹介をしようと、私は屋敷に足を踏み入れた。最初の問題が持ち上がったのはそのときだ。ブリトニーの友人らが、誰も家に入らないでほしいと言ってきた。こちらが雇ったスタイリストの調達した衣装が十分に「セクシーではない」とも言われ、ヘアメークは私たちが用意したプロのチームではなく、友人たちが担当すると告げられた。

いきなり車に乗り込んで取材は終了ブリトニーはアシスタントと、ペットの小型犬と一緒に待っていた。部屋に入る際につまずいた私が自虐ジョークを言うと笑い、私のイギリス英語を話題にした。周囲の混乱状態にもかかわらず、フレンドリーで率直なインタビューになりそうだった。さまざまな問題について、ブリトニーは喜んで話す気だった。彼女とのその雑談について部屋の外で編集者と話し合っていると、ブリトニーが取り巻きを連れて外に出てきた。動揺した様子で自分の車に乗り込むブリトニーを引き留めようと、私たちのカメラマンが熱心に説得したが、無駄だった。事情も分からないうちに、彼女はその場を去った。 headtopics.com

続きを読む: ニューズウィーク日本版 »

子どもを乗せた電動アシスト自転車 転倒をどう防ぐ? - みんなでプラス - NHK

買い物や子どもの送迎に便利な電動アシスト自転車。ところが、「1ミリ革命」プロジェクトで「自転車事故」をテーマにご意見を募集したところ、電動アシスト自転車について「転倒しそうで怖い」「転倒して子どもに...