事件・事故・裁判, 中南米, ブラジル

事件・事故・裁判, 中南米

ブラジルのスラム街で25人死亡 警官隊と麻薬組織が銃撃戦 | 毎日新聞

南米ブラジル・リオデジャネイロのスラム街で警察と麻薬組織の銃撃戦が起こり、麻薬組織メンバー24人と警察官1人が死亡しました。リオでは治安当局と犯罪組織との銃撃戦が頻発しています。

2021/05/07 0:25:00

南米 ブラジル ・リオデジャネイロのスラム街で警察と麻薬組織の銃撃戦が起こり、麻薬組織メンバー24人と警察官1人が死亡しました。リオでは治安当局と犯罪組織との銃撃戦が頻発しています。

南米 ブラジル の第2の都市リオデジャネイロで6日、地元警察と麻薬組織の銃撃戦が起こり、麻薬組織メンバー24人と警察官1人が死亡した。地元メディアが報じた。リオデジャネイロでは警察など治安当局と犯罪組織との銃撃戦が頻発しているが、1度の衝突で25人が亡くなるのは異例。銃撃戦の影響で一時、地下鉄が運行を

地元メディアによると、銃撃戦は麻薬組織が拠点としているジャカレジーニョと呼ばれるスラム街で発生した。警察が住宅街上空からヘリコプターで麻薬組織メンバーを追跡していたところ、麻薬組織メンバーは屋根から屋根へ移って逃走し、激しい銃撃戦になった。メンバーはライフルや手榴弾などで重武装していたという。リオデジャネイロでは21年1~3月、治安当局と犯罪組織との衝突などで1日平均5人以上が命を落としている。【サンパウロ山本太一】 続きを読む: 毎日新聞 »

バイデン氏とプーチン氏、大統領同士として初の対面会談 - BBCニュース

2018年以来となる米ロ首脳会談は具体的成果には乏しかったものの、両首脳とも個別の記者会見で成果があったと表明した。

「五輪中止を」32時間で10万筆 盛り上がる世論 病院も抗議 | 毎日新聞新型コロナウイルスの感染が再拡大する中、東京オリンピックの中止を求める声が盛り上がりつつある。政府や大会組織委員会が開催に向けた準備を進めていることをアピールするほど、それに反比例するように逆風が強まる状況だ。 最大のコロナ対策は無能・無策ですっからかんのスガを退陣させる事。スガでは国民の命が守れない。変異株の水際対策の失敗、PCR検査の抑制。危機管理能力のない日本は世界で最も危険な国。こんな日本で五輪開催は不可能。医療従事者からみれば五輪は不要・不急のイベント。感染拡大五輪を中止せよ! もうオンライン上でって書かれてる辺り怪しいわw ぱよぱよのツイデモくらいには信ぴょう性の薄い署名活動 こんなの愛知のよりも酷いんじゃない? こういう投票システムって真っ当なものは複数のアカウントは使えない様になっていて複数アカウント使ったらその票は無効になるけど、ここのサイトはそういうのが無い。 この記事で書いてる10万アカウント、複数アカウントを削除したら実際の日本の国の人何人が投票した事になるんですかね?

国民投票法改正案、玉虫色「決着」 付則解釈、与野党で食い違い | 毎日新聞憲法改正の手続きを定める国民投票法改正案は、国会提出から3年、9国会目にして成立する見通しとなった。6日の自民、立憲民主両党の幹事長会談では、立憲の求める修正を自民が「丸のみ」する代わりに立憲側も賛成を確約。だが、CM規制などの修正は与野党がそれぞれ都合良く解釈できる玉虫色の内容で、この日の衆院憲 さすが押紙様 ‼️

「GWは妻の実家でBBQ」沖縄・玉城知事、批判受けツイート削除 | 毎日新聞沖縄県の玉城デニー知事は6日、自らが5日に投稿したツイートを削除した。5日の投稿はゴールデンウイーク(GW)に実家と、妻の実家の庭でバーベキュー(BBQ)をしたなどとする内容。新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて県がバーベキューなど飲食につながるイベントの自粛を県民に呼び掛けていた中での投稿で 家族だけでなんで駄目なんでしょ?過剰反応では 自宅で同居同士なら家で食事するのと変わらないだろ。 何が問題なのか分からない。 日本人の劣化が激しい。 くだらねえ 庭で飯食っただけだろ

特集ワイド:「菅おろし」吹くのか 45年前、三木政権と似た構図 解散阻むロッキード/コロナ 非主流から「裁定」で首相に | 毎日新聞衆院議員の任期満了(10月21日)まで半年を切った。現行憲法下での任期満了選挙は三木武夫政権時代の1976年のみ。当時、ロッキード事件の徹底究明を唱える首相を引きずり下ろそうと、自民党内では激しい「三木おろし」の暴風が吹き荒れていた。あれから45年、新型コロナウイルス対策に四苦八苦の菅義偉首相が、 はい、毎日新聞によって生み出されました。 筆おろしに見えてしかたがない 自分らで強引に担ぎ上げたんでしょうよ

温室ガス削減 各国が30年目標達成しても気温2.4度上昇 | 毎日新聞日本や米国などが新たに発表した2030年までの温室効果ガス排出削減目標を達成しても、世界の平均気温は産業革命前より2・4度上昇するとの分析を、ドイツの研究者らが参加する組織「クライメート・アクション・トラッカー」(CAT)が公表した。20年9月時点の分析より上昇幅が0・2度抑えられたが、気候変動対 ポンペオ氏:パリ協定への復帰 は、米国のエネルギー の独立性を弱め、世界における米国の地位に影響を及ぼす もっと情報を知りたい場合は👇