産業・商品

産業・商品

フードデリバリー業界団体発足 交通トラブルなど背景に:朝日新聞デジタル

フードデリバリー業界団体発足 交通トラブルなど背景に

2021/03/03 13:46:00

フードデリバリー業界団体発足 交通トラブルなど背景に

飲食店の料理の宅配事業などを手がける企業13社が3日、業界団体「日本フードデリバリーサービス協会」を発足させた。コロナ禍で宅配の利用が急速に広がるなか、配達員の労働環境や交通違反などの問題が浮上して…

新団体には、飲食宅配仲介の「ウーバーイーツ」や宅配代行の「出前館」、宅配すし「銀のさら」の運営会社などが加盟。代表理事には前農林水産次官の末松広行氏が就任した。業界が急成長するなか、交通や配達のトラブルなどが顕在化していることが設立の背景にあるという。主な取り組みとしては、「配達における交通ルールの順守」や「配達員との適切な関係性の構築」「商品の衛生・安全管理」などを列挙。業界の指針などをつくり、健全な発展をめざすとしている。 続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

フィリップ殿下死去で「国のおじいさんを失った」ようだと息子アンドリュー王子 - BBCニュース

英王室フィリップ殿下が9日に99歳で死去したのを受け、息子のヨーク公アンドリュー王子は11日、エリザベス女王が自分の生活に「巨大な空白」ができてしまったと感じていると話した。

いまあなたが一生懸命働いているすぐ近くの個人飲食店の中で、時短協力金を申請して、2か月354万・1年で613万円もらっている協力金バブルという最高の状況を楽しんでいる人がいっぱいいます。 毎日テレビでは飲食大変のマスコミ偏向報道、いや違いますね、、東京都内で言えば個人飲食店ほとんどバブル 確かに危ない運転をしてる人はたまにいるね。特に歩道を走られると怖いかな。 配達員の保護も大事だがこの者たちの身分を法的に確立すべきでは。事業者は配達員個人が事業主と責任逃れに必死.英国で事業主の従業員との判決も出た。この連中の粗暴の限りを尽くす自転車走行。歩行者を負傷させても補償能力は皆無だろう.事業者はこれを逃れている。対応甘すぎ。