フィギュア男子・ロシアのコリャダ選手が新型コロナ 北京五輪欠場 | 毎日新聞

フィギュア男子・ロシアのコリャダ選手が新型コロナ 北京五輪欠場

フィギュアスケート, 新型コロナウイルス

2022/01/26 3:42:00

フィギュア男子・ ロシア のコリャダ選手が新型コロナ 北京五輪欠場

米NBCスポーツは25日、 フィギュアスケート 男子で ロシア の北京冬季オリンピック代表のミハイル・コリャダが 新型コロナウイルス の検査で陽性となったため、五輪を欠場すると報じた。 ロシア 連盟が明らかにした。エフゲニー・セメネンコが入れ替わりで代表となる。

続きを読む: 毎日新聞 »

FANTASTICS堀夏喜、多彩な活躍経て感じた“原点回帰” 思い入れの強い私物も紹介「大事にしすぎて…」<「The Usual Night いつもの夜」インタビュー連載Vol.7> - モデルプレス

新感覚フェイクドキュメンタリー「The Usual Night いつもの夜」(ABCテレビにて深夜0時55分~/放送後TVer・GYAO!で見逃し配信)に出演中のFANTASTICS from EXILE TRIBEに、モデルプレスが独占インタビュー。第7回は堀夏喜(ほり・なつき/24)が登場。 続きを読む >>

メダ

ラオスの学校に図書室を 東京のNPO、書き損じはがきで資金集め | 毎日新聞書き損じはがきを集めてラオスの学校に図書室を贈ろう――。東京都大田区南馬込6のNPO法人「ラオスのこども」がそんなキャンペーンを進め、書き損じはがきや未使用切手を広く募っている。キャンペーンは2月末まで。【加藤昌平】

緩和?慎重? 専門家と政府、オミクロン巡りなぜ「逆転現象」 | 毎日新聞 新型コロナウイルス で講じてきた社会活動の制限を含む感染症対策はどこまで続けるのか――。感染力が強いものの、重症化しにくい変異株「オミクロン株」。この特性に合わせ、制限や療養の手続きを少しずつ緩和させたい専門家に対して、政府の慎重姿勢が際立つ。立ち位置があたかも「逆転」したかのように映る背景を探った オーストリアは現地時間24日午前0時からオミクロン感染状況が特に酷い英.蘭.発生地アフリカ南部の国々からの旅行者を除き「三回目涌井珍接種を受けた人は出発国を問わず入国可」となりました。オミクロンの伝播が急速大規模に進んで集団免疫が進むの考えの様です 日本からも3回目接種証明で入国可です

たたなづく:「未来に触れる」作業=河瀬直美 | 毎日新聞ユネスコの親善大使任命式のために約2年ぶりに渡仏した。久しぶりの国際線。コロナ前には1カ月に1度のペースで訪れたパリの空港も懐かしい。クリスマスシーズンのシャンゼリゼ通りには、行き交う人々が幸せそうな笑顔で闊歩(かっぽ)する。日本ではマスクをしていることが常態化しているのに対して、そのころのパリは

立憲・大西氏「あと一歩、誠に残念」 名護市長選、推薦候補敗れる | 毎日新聞23日投開票の沖縄県名護市長選で、現職の渡具知武豊氏(60)=自民、公明推薦=が再選を果たし、自民の茂木敏充幹事長は23日夜、党本部で「 新型コロナウイルス 禍の厳しい状況の中での選挙だったが、本当に大きな勝利だ」と記者団に強調した。 完敗だろう

トンガ支援物資、海自輸送艦「おおすみ」に積み込み始まる 広島・呉 | 毎日新聞海底火山の大規模噴火が起きたトンガに派遣される、海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」への支援物資の積み込み作業が24日午前、母港の呉基地(広島県呉市)で始まった。飲料水などを届ける予定。準備ができ次第、午後にも出港する。 左翼活動家どもはなにかするのでしょうか? aviavable

:衆院予算委の資料誤り 総務相が謝罪 「職員が緊張感に欠けていた」 | 毎日新聞金子恭之総務相は24日午前の衆院予算委員会の冒頭で、2022年度予算案の参考資料のうち総務省所管分に誤りがあったとして謝罪し、訂正する考えを示した。誤りがあったのは予算の詳細が記載された「各目明細書」で、金子氏は「誤りの原因は入力ミスや確認作業を怠っていたことなどだ。職員が著しく緊張感に欠けていた 今後は開始1時間前くらいまでに総務大臣が配布資料をチェックしたらよいのでは。それとも配布資料の意味が分からないから役人に丸投げってことでしょうか。